Pocket

私はヤフオクができた当初から利用しています。ヤフオクができたのが1999年なのでもう19年になるんですね。

面白そうだからこれから今からヤフオクをやってみようという人も、いるのではないでしょうか。

ヤフオクでは評価が大切になりますが、始めた時はみんな新規からのスタートになります。

でもヤフオクでたまに見るのが説明文に「新規の入札はお断りします」

ヤフオクを始めようと思っていろいろ検索して、欲しいものが見つかったと思ったら説明文にこんなことが書いてあったらがっかりしますよね。

誰もがみんな新規から始めたのに何で?って思いますよね。

そこで商品説明に新規お断りと書いてある場合は、どうすればいいのかについてお伝えします。


出品者の立場で新規の人は断ったほうがいいかどうかについては、こちらを参照してください。

新規を断る理由は?



そもそもなんで「新規の人はお断り」と説明文に書くのでしょうか?新規を断る出品者の気持ちを考えてみましょう。

評価が新規の人を断る理由は以下の2つです。

  • 取引に慣れていないため戸惑ったときに説明が面倒
  • イタズラ入札の可能性

最近のヤフオクは、支払いがヤフーかんたん決済だけになって落札者は戸惑うことも少なくなりました。

このため出品者が気にするのがイタズラ入札です。イタズラで落札されて連絡がなくなるとめんどうだし、落札者都合で、削除すると報復評価される可能性があります。

こういうトラブルを嫌うため新規の人を断るのですね。


スポンサーリンク



新規お断りのルールって何なの?



「新規お断り」と説明文に書いてある人がいますが、これはヤフオクの公式のルールではありません。

ヤフオクで入札を断ることができるのは、評価がマイナスな人と悪い評価の割合が多い人だけです。

新規の人を入札できないようにすることはできません。

ただ入札した場合、出品者は入札者を削除できます。落札された場合は、落札者都合で削除することもできてしまうんです。

そのため新規お断りと説明文に書いてある商品に入札すると入札を削除される可能性が高いです。落札できてしまった場合は、落札者都合で削除されてしまって非常に悪いが付くことになります。

新規なのに非常に悪いが一つはいるとマイナスになってしまって、新規を断り以外の人でも入札できなくなる可能性が高くなるので、説明文に新規お断りと書いてある物は落札しないほうが無難です。

もし非常に悪いの評価をつけられたら、その時は新しくIDを作ってやり直したほうがいいですね。

スポンサーリンク

新規の人はお断りと書いてある商品を落札するには?




新規の人はお断りと書いてある商品が欲しい。その場合はどうしたらいいのでしょうか?

方法は大きく分けて3つあります。

  • 質問欄から質問をする
  • 別の安いものを落札して評価を貰う
  • 他の人が出品していないか調べる

質問欄から質問をする・・・出品者はよくわからない人から落札されて、トラブルになることを恐れています。そのため質問欄から質問することでOKをもらう方法もあります。

文例としてはこんな感じでいいと思います。

「はじめまして、説明文には新規の人はお断りと書いてあるのですが、この商品を欲しいと思っています。評価は新規ですが落札したらすぐに振込むので入札してもいいでしょうか?お返事お待ちしています。」



必ずOKの返事をもらってから入札するようにしましょう。

ただし相手によっては無視されたり断られたり、場合によってはブラックリストに入れられたりする可能性もあります。ブラックリストに入れられると今後評価が増えてもその人との取引(入札や質問)はできなくなります。

断られて嫌な思いをするのが嫌な人にはお勧めできません。

質問の例文やマナーについて詳しくはこちらを参照してください。

別の安いものを落札して評価を貰う・・・目当てのものでなくても他に欲しいものや、安いものがあれば落札して取引すれば評価をもらえて新規ではなくなります。新規お断りでない人もたくさんいるので、まずは評価をもらうという手もあります。ただし必要のないものは買わなくていいですよ。日常的に使う必要なものもヤフオクに売っているので、そういうものを買いましょう。

他の人が出品していないか調べる・・・欲しいものを見つけたけど新規お断りだった。でもその商品ってその人以外に出品していないのでしょうか?調べてみたら別の人も出品しているかもしれません。珍しいものでなければしばらく待てば他の人が出品する可能性もあります。

まとめ



新規お断りはヤフオクの公式のルールではないので入札することができますが、新規お断りと書いてある商品に入札すると入札が取り消しになったり、ブラックリストに入れられる可能性があります。

落札してしまうと落札者都合の削除を受けて評価がマイナスになってしまうので、入札するのが難しくなるので手を出さないほうが無難です。

落札するためには3つの方法があります。

  • 質問欄から入札していいか質問する
  • 新規お断りでない他の商品を買って評価をもらってから入札する
  • 新規お断りでない人が出品していないか探して入札する

ヤフオクは個人の取引なので、多少面倒なところはありますがその手間の分、お得に買い物ができると思ってください。

「様々なヤフオク関連記事を書いてきましたが、一番の土台となるのが以下の記事です。

より細かい情報や専門的な情報記事へのリンクも揃っていますので、ぜひ合わせてチェックしてみてください。お気に入りに入れておいて、都度必要な情報を探すのもおすすめですよ~。」

ヤフオクの始め方、出品から落札までの流れを簡単に解説します!!


スポンサーリンク