Pocket

ヤフオクで買う時も売る時も過去相場を知ることが重要です。

ヤフオクの過去相場はヤフオクでも調べることができますが、オークファンを使えばもっと細かく調べることができます。

さらに過去相場を調べるだけでなくさまざまなツールがあって、ヤフオクに出品するときも落札するときもとても便利です。

オークファンのオークファンの便利な使い方についてお伝えします。



スポンサーリンク

オークファンの特徴

会員種別の違い



オークファンには3つの会員種別があります。

  • 一般会員(無料)
  • ライト会員(月額324円税込み)
  • プレミアム会員(月額980円税込み)

大きな違いは一般会員だと過去6か月の落札相場までですがライト会員以上だと過去10年間調べることができます。

予約入札はライト会員以上が利用できます。

期間おまとめ検索の回数も違います。

一般会員は月3回まで

ライト会員月10回まで

プレミアム会員月1000回まで

利益計算ツールはプレミアム会員以上になります。

ヤフオクの過去相場検索とはどう違うの?



ヤフオクでも過去相場を調べることができますが、オークファンはもっと細かいところを見ることができます。

ヤフオクの過去相場検索機能は120日前までです。それ以上昔の物は調べることができません。オークファンはどれくらい前まで調べれるかと言うとなんと10年前まで調べることができます。

さらにヤフオクの場合は最近1ヵ月落札された価格のみを調べることはできませんが、オークファンは1ヵ月、3か月、6か月、1年、3年、5年、10年の単位で検索することが可能です。

オークファンの過去相場検索はどう便利なのか?


どう便利なのかと言うと相場って変わらない商品もあれば、短期間に上がったり下がったりする商品ってあったりします。

過去120日の相場より過去30日の相場だけが見れたほうが便利な時もあったりします。

細かい相場が見れると便利な例

例えば5月に夏によく売れるものを調べたいと思ったときに、ヤフオクだと120日前の落札履歴しか出てきません。季節外れの物だと夏の落札はどれくらいの価格になるか参考にならないですよね。

オークファンだったら、去年の8月の落札履歴のみを調べることができちゃいます。

それによって夏にどれくらいの値段で売れるのか予測ができます。

オークファンの過去相場検索の仕方

カテゴリーを選択して(選択しないですべてのカテゴリーから探すこともできます)キーワードを入力して虫メガネのマークをクリックすれば結果が表示されます。

鉄拳7 PS4 ソフトを検索してみましょう。

カテゴリーをテレビゲームにしてキーワードに「鉄拳7 PS4 ソフト」と入力して虫メガネのマークをクリックしましょう。



すると最近30日までに落札された商品が表示されます。


ページ内平均価格が4,088円(セットの商品が表示されているため平均価格と言ってもこの値段で売れるわけではありません。あくまでも参考にしましょう)

落札価格帯が表示されます。

一番高いものはコントローラー付きなので絞込検索で中古のみにして価格帯を5000円以下にしてみましょう。



そうすると今度は平均価格が3,177円になりました。この価格を自分が出品するときの参考にしましょう。

落札価格、入札数、落札日で並び替えることも可能です。

期間おまとめ検索でまとめて検索することもできます。

期間おまとめ検索の使い方

期間おまとめ検索を使うと過去高額で売れている物を見つけることができます。

カテゴリーを漫画・コミックにして検索をしてみましょう。


結果が表示されたら期間おまとめ検索を10年にしてさらに検索してみましょう。


高値順に並び変えると滅多に見かけないような高値の漫画・コミックを見つけることができます。これはどのカテゴリーでも応用できます。

自分が商品知識をつけたいものを検索するといいでしょう。

スポンサーリンク

出品者ID検索

出品者のIDで検索して、その出品者が出品して落札されたものを調べることができます。ライバルがどんなものを売っているのか、見ることができるのはとても便利です。

出品者ID検索をするとき必ずヤフオクを選択しましょう。ここを選択しないと出品者IDが入力できません。

出品者IDを入力して検索をするとその出品者が売った商品が表示されます。


自分のIDで検索すれば自分が何を売ったのか調べることもできます。もちろん10年前に売ったものも調べることができます。

「10年前はこんなもの売ったな」なんて思い出すのも面白いかもしれませんね。

オークファンのツールはどう使えるの?

オークファンには落札や出品に便利な機能が様々付いています。

ツールはマイページをクリックしてください。


それぞれをクリックするとツールが使用できます。



主な機能は以下のお通りです。

出品のためのツール

  • かんたん出品ツール
  • 出品ストレージ
  • 一括評価ツール
  • 出品テンプレート
  • 一括注目ツール
  • オークション出品モニター
  • 一括再出品ツール
  • 利益計算ツール

入札のためのツール

  • 一括評価ツール
  • 検索アラート
  • 入札予約ツール

その他のツール

  • オークファンアプリ
  • キーワードアドバイス
  • アダルトカテゴリ検索

この中で僕が便利だと思った機能をご紹介します。

一括再出品

落札されなかったものを一括で再出品してくれます。再出品って数が多いと結構面倒なんですよね。チェックを入れて一気に再出品してくれるのでとても楽です。

利益計算ツール



売った時にいくらの利益が出るのか計算するって、結構面倒ですよね。計算を間違えると利益がなくなってしまったりしますが、オークファンの利益検索ツールを使えばいくらで仕入れていくらで売るかを数字を入力するだけで、簡単に利益の計算ができます。

ヤフオクだけでなくAmazonにも対応しています。

仕入れ価格と仕入れの時の送料を入力しましょう。仕入れ価格に送料をプラスして入力しても大丈夫です。

販売価格の売値と送料を入力しましょう。送料を落札者負担か出品者負担か選択できます。

仕入れ価格500円プラス送料360円

販売価格 ヤフオクで売値3,000円送料500円出品者負担で計算すると利益が1381円になりました。


入札予約



希望する時間に入札予約することができます。オークションは早めに入札してしまうと他の人にも注目されてしまうので、入札は自動延長にならない終了6分前に入札するのがおすすめです。

手動でわざわざ6分前に入札するのは、予定がある日は難しいしわざわざその時間に入札するのはかなり面倒です。オークファンの自動入札はパソコンが起動していなくても入札してくれるのでとても便利です。

良く落札をするならこの機能があるだけで、オークファンの有料会員になる価値はあると思います。

入札予約ツールからでも入札登録件数の入札中からも予約入札ができます。

入札予約の新規登録からでも予約入札ができますが、ウォッチリストから予約入札をしたほうが楽です。



予約入札をクリックしましょう




入札金額を入力して予約入札をするをクリックしましょう


同意の上、入札するをクリックすれば予約入札が完了します。

まとめ



ヤフオクの相場検索も便利ですが、オークファンの相場検索は細かく調べられるのでさらに便利です。

過去どんなものが高値で落札されているのか調べたり、季節によって落札価格を調べたりするのに利用できます。

一括再出品や利益計算ツールや予約ツールなどのツールも便利なので、ヤフオクヘビーユーザーならオークファンを利用するのがおすすめです。

オークファンは無料でも使えますが、無料だと制限があるのでヤフオクのヘビーユーザーなら有料のプライト会員以上になることをお勧めします。

スポンサーリンク