Pocket

私はよくヤフオクに出品しているので、郵便局の「クリックポスト」のサービスをよく利用します。小さくて安い物を送るのに便利なんですよね。

何より送料が安くてポスト投函ができるのが特徴です。

ただしクリックポストには送れるサイズが決まっています。今回はクリックポストのサイズとぎりぎりの大きさだった場合やサイズオーバーした場合はどうなるのかについてお伝えします。




スポンサーリンク



クリックポストのサイズと特徴



クリックポストで送れる最大のサイズは34㎝×25㎝・厚さは3㎝以下・重さ1キロ以下です。

最小のサイズは14㎝×9㎝(これはクリックポストのラベルのサイズがこの大きさだからです)

特徴は下記のようになっています。

  • 料金は全国一律198円
  • 発送方法はポスト投函か郵便局
  • 追跡あり
  • 補償なし
  • 配達方法は郵便受けに投函
  • 支払い方法はヤフーウォレット

クリックポストについて詳しくはこちらを参考にしてください。

クリックポストで送る物のサイズを測る方法



クリックポストには送れるサイズに制限があります。明らかに問題のないサイズの場合は大丈夫ですが、ギリギリの場合はサイズが気になりますよね?

重さは測りに載せればすぐわかりますが、問題は厚さです。厚みが3㎝以内かどうかって定規ではなかなかわかりづらかったりします。

3㎝以内にして発送する方法は次の2つがあります。

  • 専用のダンボールを買う
  • 専用の定規を買う

個人的にお勧めするのは、専用の定規を買う方です。

専用のダンボールを買う・・・楽天などで専用の箱が売っています。この箱に入れば3㎝以内です。ただしいろいろ問題もあったりします。

問題点は3つあります。箱に入っても膨らんだらアウトになります。それに専用の箱のこの場合は封筒に入れてプチプチにくるんだ場合よりも割高になります。1つ50円位プラスになってしまいます。封筒とぷちぷちだったら半分の25円くらいです。

安い発送方法を選んでいるのに、余計な出費は避けたいですよね?

あと箱の場合はピッタリにはなりません。隙間ができたら入れたものが中で動きます。隙間を埋めるとそれが結構面倒だったりします。

専用の定規を買う・・・専用の定規を買えば厚さを測ることができます。定規は一度買えばずっと使えるので、長い目で見たら定規を買った方が安上がりです。






私が使っている定規です。1,680円で購入できます。もっと安い物もありますが、あまり安い物は壊れやすいのでお勧めしません。

サイズがオーバーした場合・ギリギリの場合


サイズオーバーしていたらどうなる?

クリックポストは窓口から発送する方法とポスト投函する方法があります。

ポスト投函した場合・・・ポスト投函してサイズオーバーしていた場合は、あとから差出人に戻ってくることになります。

窓口から発送した場合・・・窓口では基本的に定規で測るのでサイズオーバーしていたら、発送を断られます。

ギリギリだった場合はどうなるの?

サイズがギリギリだったそんな場合は、どうなるのでしょうか?

窓口の場合は、人によりけりです。断られる場合もあれば、ぎりぎりでOKになる場合もあります。

ポスト投函の場合は、戻ってくる場合もあれば配達される場合もあるでしょう。

ポスト投函をして戻ってきた場合は、配達までに時間がかかります。ギリギリの場合は窓口から出したほうが確実です。

窓口で受け付けてもらえたら、あとからサイズオーバーで返品されることはまずありません。

どれくらいがOKなのか?

3㎝の穴に通ればOKなんですが、柔らかい物の場合は3㎝をちょっと超えても力を入れれば通ったりします。

例えばプチプチでくるんだ物などはプチプチの分、ちょっとオーバーしても強引に通すことが可能です。この場合はOKなのかと言うとギリギリのラインです。


スポンサーリンク



ギリギリかなと思った時の送り方



ギリギリのサイズで送れる場合もあるかもしれませんが、個人的にはお勧めしません。

ポストから発送して戻ってきたら、相手に届くまでに時間がかかってしまいます。ヤフオクやメルカリなら悪い評価をもらってその後に影響が出ます。

郵便局で発送する場合も断られたら嫌ですし、面倒ですよね?

ギリギリならクリックポストをあきらめて他の発送方法で発送するようにしましょう。

ヤフオクやメルカリで売る場合は、発送方法は出品するときに梱包したらどれくらいの厚さになるか考えてから出品するようにしましょう。

発送して戻って来たらどうなるの?

発送して戻ってきた場合は、料金を取られることはありません。ただし届くのが遅れるので送り先の相手に迷惑をかけることになります。

ヤフオクやメルカリで売った場合は、クレームをもらったり悪い評価をもらうかもしれません。

大きさや重さがオーバーした場合は何で送ればいいか?



梱包してみたら厚さが3センチを超えてしまった。サイズがオーバーしてしまった。こんな時は別の発送方法で送るしかありません。

大きさや重さがオーバーして送れない場合は、送料の安い発送方法では以下があります。

  • 宅急便コンパクト (出品者負担 380円+箱代65円)
  • 定形外郵便 (重さによって変わる)
  • レターパックライト(370円)
  • レターパックプラス (520円)

宅急便コンパクト・・・宅急便コンパクトなら厚みが5センチまで送ることができます。ただし大きさが20㎝×25㎝なのでこれより大きい場合は送ることができません。

定形外郵便・・・定形外郵便なら90㎝までの大きさの物を送ることができます。ただし重さが重い物は送料が高くなるので注意が必要です。場合によってはゆうパックおてがる版やヤフネコ宅急便のほうが安くなることもあります。

レターパックライト・・・重さのみがオーバーした場合はレターパックライトで送るのが最安です。

レターパックプラス・・・厚さが3センチを超えた場合は、レターパックプラスで発送することが可能です。

この他、ゆうパックやヤマト宅急便、ゆうパックおてがる版、ヤフネコ宅急便でも送れますが、送料はだいぶ高くなります。

まとめ


  • クリックポストのサイズは34㎝×25㎝・厚さは3㎝以下・重さ1キロ以下
  • サイズオーバーしていた場合は窓口の場合は断られる
  • ポスト投函していた場合は返品される
  • 返品されても料金はかからない
  • ギリギリの場合は受け付ける人によって変わってくる
  • ギリギリの場合は他の発送方法を選択したほうが無難



クリックポストは安くて手間がかからない発送方法なので、ヤフオクやメルカリで安くて小さい物が売れたときにはお勧めの発送方法です。

ただしサイズオーバーには気をつけて、微妙な大きさだったら発送する前に定規で測りましょう。サイズがギリギリの場合は他の発送方法を選択しましょう。

スポンサーリンク