Pocket

私はヤフオクをスタート当初から利用しています。ヤフオクで売れない理由はいろいろありますが、そのうちの一つが写真です。

ヤフオクでは商品を手に取ってみることができません。そのため写真が重要になります。

今回はヤフオクの写真の撮り方のコツについてお伝えします。



スポンサーリンク



ヤフオクにおける写真の意味



ヤフオクでは出品するときに、写真を載せるのは必須と言ってもいいくらいです。

もちろん載せなくても出品できるのですが、写真がないとなかなか売れません。なぜヤフオクで写真が重要かと言うと理由は以下の通りです。

  • その商品を持っている証明
  • その商品の状態を知るため
  • その商品の色や形、大きさを知るため

その商品を持っている証明・・・ヤフオクは個人の取引のため信用が大事になってきます。良い評価の多い人だと詐欺をする可能性は少ないのですが、それでも写真がないと実際に持っているのかどうか入札する人は不安になります。実際に私もAmazonでは写真がなくても普通に買いますが、ヤフオクでは写真のない物に入札しようという気は起きないですね。

その商品の状態を知るため・・・中古品だと状態が重要になります。写真を見てどの程度の状態なのか、わからないとなかなか入札がされにくいです。

その商品の色や形、大きさを知るため・・・ファッション系の物だと特に重要になります。写真がないとイメージができません。

写真で値段は変わるのか?



ヤフオクではきれいな写真かダメな写真かで落札金額が変わると言われています。枚数も1枚よりもたくさんの写真を使ったほうがいいと言われています。

実はこれは正解でもあり不正解でもあります。

写真がないのはさすがにダメですが、良い写真でもそこそこの写真でもあまり変わらない物があったりします。

落札金額に影響が出るものは以下の物です。

  • 落札価格が高い物
  • 商品の状態が重要な物
  • ブランド品
  • オリジナルな商品や珍しい物

逆に値段があまり変わらないのは以下の物になります。

  • 落札価格が安い物
  • 商品の状態が重要でないもの
  • 形が決まっている物

落札価格が安い物・・・価格の安い物はどんなにきれいに写真をとっても、高値になることってあまりありません。

相場には上限と言うものがあります。きれいな写真を撮ったからと言って相場1000円の物が3000円になることってありません。

逆に価格の高いものはそれだけふり幅が大きかったりします。

商品の状態が重要でない物・・・例えば青春18切符1回分をヤフオクで売ろうと思いました。撮影キットを使ってきれいな写真を様々な角度からとりました。

10枚すべてアップロードしました。落札価格は高くなるでしょうか?おそらくほとんど落札価格に影響は出ません。

なぜかと言うと18切符って使ったら基本的に捨ててしまう物です。そこまで状態にこだわる人っていません。

わざわざきれいな写真たくさん撮っても、買う人にとってはそんなの関係ないわけです。

写真がないと持っていることの証明ができないので、よくありませんがきれいな写真でもそうでなくてもあまり影響は出ないんです。

形が決まっている物・・・ゲームソフトやCDのソフト、ゲーム機本体などもあまり落札価格には影響されません。

ゲームソフトやCDソフト、ゲーム機本体は形や大きさが決まっています。どれを買っても結局中身は同じなわけです。

状態は気になりますが、状態がはっきりわかる写真だったら、見た目のイメージはさほど重要ではないわけです。

これがブランド物の財布だったらどうでしょうか?この場合は写真の良い悪いは落札価格にかなり影響を及ぼします。

ブランド物の財布って世の中に数限りなくあります。その商品の現物って見たことがない場合がほとんどです。

色合いや形、大きさが重要になりますし、持った時のイメージも重要です。これが暗い色で映っていたり自分の影が映っていたりしたら、落札金額に影響が出るでしょう。

ファッションなどのブランド物の商品は見た目が重要視されます。それにどんなものか、現物を見たことがないことが多いから写真の影響が大きくでます。

任天堂switchなどは中身はみんな同じです。現物がわかっているから商品の状態さえわかれば、写りが良くても悪くてもあまり影響がありません。

出品するときにきれいな写真な方がもちろんいいのですが、きれいな写真を撮るのって結構な手間です。あまり落札金額に影響が出ないものに、手間をかけてきれいな写真を撮ろうとするのは無駄になります。

そこまで落札金額に影響が出ないようでしたら、そこそこの写真でも大丈夫です。

ヤフオクの写真でNGな行為



ヤフオクの写真でやってはいけないことがあります。

それは以下の2つです。

  • 他の人の写真を使う
  • カタログの写真を使う

他の人の写真を使う・・・落札履歴から探してその写真を勝手に使うのは違反です。自分で写真を撮るより楽ですがやってはいけません。たまにこういうことをする人がいます。出品一覧を見ると背景がバラバラなのですぐにわかってしまいます。中古だと状態が違うこともあるのでトラブルになることもあります。

カタログの写真を使う・・・メーカーサイトからの写真を使うのもやってはいけません。メーカーの写真だとすぐわかるし、持っていることの証明になりません。私も中古品なのにカタログの写真を使っている人は怖いので落札しないですね。実際にカタログの写真を使っている人から落札して、詐欺にあったという話もあったりします。

写真をとるのは手間でも自分で撮ることが大切です。



スポンサーリンク



写真の撮り方

写真を撮る道具



デジカメでもいいですしスマートフォンでも大丈夫です。私はパソコンに移しやすいためデジカメを使っています。今はデジカメもスマートフォンもオークションの写真を撮るなら十分な機能があります。あなたの使いやすいものを使いましょう。

写真を撮る時の注意点



写真はブランド品とかファッション関係でなければ、そこそこの写真で大丈夫です。まずはそこそこの写真を撮ることを心がけましょう。

注意する点は以下の通りです。

  • ピンボケしない・暗くならない
  • フラッシュを使わない
  • 他の人や背景が映らないようにする
  • 出品する物しか写さない
  • 傷や汚れなど気になる部分を写す
  • 付属品は1枚目の写真にすべて映す
  • 自分が写らないようにする
  • 影を写さない

ピンボケしない・暗くならない・・・基本中の基本です。明るさを調整したり手振れがしないようにとるようにしましょう。

フラッシュを使わない・・・フラッシュを使うと商品が光ってしまってうまく撮れません。

出品する物しか写さない・・・たまにいます。2つの商品を写しておいて「出品するのは右側の物だけです」間違えて入札する人がいるのでやめましょう。

他の人や背景が映らないようにする・・・部屋の内部が写ってしまうとあまりきれいではありません。せめて壁を背景に写すようにしましょう。あと家族の人の後ろ姿が写ってしまったりするのはイメージが良くないのでやめましょう。

傷や汚れなど気になる部分を写す・・・傷や汚れを隠すとあとあと問題になります。傷や汚れがあっても、写真でどれくらいなのか確認できれば入札する人も安心できます。

付属品は1枚目の写真にすべて写す・・・最初の1枚にすべての付属品を写すようにしましょう。2枚目以降に詳しい状態を写す方がわかりやすいです。

自分が写らないようにする・・・テレビの液晶とか反射するものだと自分が写ったりします。正面に立たないようにして、写真を撮るようにしましょう。あと商品を手に持って写す人もいますがあまりよくありません。

影を写さない・・・蛍光灯の明かりなどで自分の影が映ることがあります。そこまで気にするほどのことではありませんが、できれば映らないようにしましょう。

まとめ



ヤフオクに出品するときは写真は必ず載せましょう。写真が価格に大きく影響を与えるものと、そこまで影響のない物もあります。

そこまで影響のないものはそこそこの写真でも大丈夫です。影響のない物を出品するときに、きれいな写真を撮ることにこだわるのは無駄なので止めましょう。

「様々なヤフオク関連記事を書いてきましたが、一番の土台となるのが以下の記事です。

より細かい情報や専門的な情報記事へのリンクも揃っていますので、ぜひ合わせてチェックしてみてください。お気に入りに入れておいて、都度必要な情報を探すのもおすすめですよ~。」

ヤフオクの始め方、出品から落札までの流れを簡単に解説します!!

スポンサーリンク