Pocket

ヤフオクに出品するときは、できるだけ高く売りたいですよね。ヤフオクでよく言われているのが、高く売るためにはできるだけ出品価格を安くしましょう。その究極の方法が1円スタートです。これ以上安くしようがない出品方法ですよね。

でも1円スタートは相場より大幅に安く落札されるリスクがあります。ヤフオクの1円スタートは得なのか?損なのか?今回はヤフオクの1円スタートについてお伝えします。



スポンサーリンク



1円スタートのメリット



ヤフオクの1円スタート、実際に1円スタートをする人がいるってことは、それなりのメリットがあるということです。そのメリットは以下の2つです。

  • 注目を集めるから多くの人に入札してもらえる
  • 売れ残りの心配がない

注目を集めるから多くの人に入札してもらえる・・・商品を探す時は商品名で検索する、もしくはカテゴリーで並び替えて探す方法があります。商品名で見つけて安ければ注目されますし、安い順に並び変えると1円スタートは目立ちます。

それに入札者が多い順に並び変えて探す人もいます。1円スタートは値段が安い時も注目されますし、高くなっても入札者が多くなるのでやっぱり注目されるんですね。

たくさんの人が見るということは、それだけ値段が高くなることがあります。

売れ残りの心配がない・・・安値スタートなので、なかなか売れないということがありません。出品が終了したらほぼ確実に売れることになります。

1円スタートのデメリットは?


1円スタートのリスク

ヤフオクの1円スタートには大きなデメリットがあります。それはたった一つです。

  • 相場より安く落札される可能性がある

1円スタートのデメリットは何と言っても安く落札されることでしょう。1円で売れたらショックですよね。1円とまでも行かなくても、相場より大幅に安く落札される可能性もあります。

安く落札されるのを防ぐ方法はあるの?

安く落札されるために最低落札価格をつけるという方法がありました。今は無くなってしまったオプションです。

今ある方法としては終了間際にオークションを取り消すという方法もありますが、違反行為なので止めましょう。

オークションの取り消しは、おまけに取り消し手数料540円がとられます。

ヤフオクの出品取り消しについて詳しくはこちらを参照してください。

1円スタートに向いている商品



1円スタートには安く落札されるというリスクがあります。でも1円スタートでも安く落札される商品と、そこそこの値段になる商品があります。

どんな商品が1円スタートに向いているかと言うと以下の3つです。

  • 人気がある商品
  • 今話題にあっている商品
  • 在庫処分

人気がある商品・・・人気がある商品は1円スタートしても、相場より大幅に安く落札されるということはありません。例えばどんなものが人気があるかと言うと最新のゲーム機なんかそうですよね。

最新のゲーム機などは欲しいと思っている人が日本中にたくさんいます。日本全国でほしいと思っている人がたくさんいるので、たくさんの人が毎日ヤフオクで検索をしています。

すると1円スタートをしている商品があったら必ず入札するので、最終的にはそれなりの値段まで上がっていきます。場合によっては相場の上限まで上がっていくでしょう。

今話題になっている商品・・・今話題になっている商品も1円スタートに向いています。たとえばテレビやニュースで取り上げられた物など、今みんなが欲しがっているものは過去相場があてになりません。

普通に売るより1円スタートをして、注目をしてもらったほうが高く売ることができます。

在庫処分・・・人気がある商品や今話題になっている商品と違って安く落札される可能性がありますが、在庫処分したい物も1円スタートに向いています。商売とかでなくて引っ越しをしたいとかでも物があったら邪魔ですよね。

捨てるのも大変だしそれだったら1円スタートで出品して、安く落札されてもいいから処分する方法もあります。

中途半端なスタート価格より1円スタート

例えば相場1万円の物を2000円スタートで出品するなら、1円スタートにしたほうが得です。2000円スタートにすれば2000円より安く落札されることはありませんが、どのみち2000円以上にはなります。1円スタートのほうが注目される分得です。



スポンサーリンク



1円スタートの出品方法



1円スタートの出品方法についてお伝えします。気を付けるのは以下の3つです。

  • 送料の設定
  • 出品期間
  • 使うオプション

送料の設定・・・送料は必ず送料別にしてください。送料込みにしたら送料の分マイナスになることもあります。そして送料は必ず明記するようにしましょう。1円で落札できたと思ったら送料が思ったより高かったらクレームになることもあります。

これは送料着払いでも同じです。必ず送料別にして送料を明記するようにしましょう。

出品期間・・・できるだけ注目を集めたいので出品期間は最低3日できたら5日から7日くらいが最適です。ただし今話題になっている商品を売る場合はブームが去ってしまうこともあります。その場合は1日とか2日とかにしましょう。

使うオプション・・・最低落札価格はやめましょう。使うオプションとしては注目のオークションを利用すると良いと思います。価格は最低の20円で大丈夫です。ただし注目のオークションは、必ず使わなければいけないというわけではありません。

ヤフオクのオプションについて詳しくはこちらを参照してください。

1円スタートの入札の注意点



1円スタートに入札するときの注意点は以下の2つです。

  • 送料のチェック
  • 無駄な入札はしない

送料のチェック・・・1円スタートに入札するときの注意点を伝えします。1円スタートに入札するときは送料を必ずチェックしましょう。今は実費以上の送料をとることは禁じられていますがそれでもルールを破る人もいます。

それに思ったより商品が大きくて送料がすごくかかってしまったなんてこともあったりします。送料は入札前に確認しましょう。

無駄な入札はしない・・・相場1万円の商品だけど1円スタートの物を見つけた。じゃあそういう商品に片っ端から1000円で入札しよう。無駄だから辞めたほうがいいです。そんなに人気のない商品でも相場1万円の物が1000円で落札されることはほぼないと思ってください。

なぜかと言うと欲しいと思っている人や転売をする人など、ヤフオクってたくさんの人が見ています。1円スタートの物は注目されます。相場1万円だったら4000円で買っても転売できますよね。そうなると必ず4000円以上で入札する人がでてきます。

人気のない物を1円スタートすると安く落札されることがありますが、それでも相場1万円の物は1000円では落札できません。あまり安値で入札しても、入札する手間が無駄になるだけです。

1円で落札される物

1円スタートで実際に1円で落札されることってあります。ただし1円で落札されるものって人気がなくて、そして高く落札されても3000円以下のものがほとんどです。実際にヤフオクで1円スタートで検索して落札相場を見ても1円で落札されるものって、そんなに高いものはないことはわかると思います。



スポンサーリンク



まとめ


ヤフオクの1円スタートは安く落札されるリスクがあります。

1円スタートに向いてるのは以下の3つです。

  • 人気のある商品
  • 今話題の商品
  • 在庫処分品



売る時は送料や出品日数などに気をつけましょう。

入札するときは送料に気をつけましょう。

1円スタートでも相場の高いものは1円では落札できません。無駄な入札をしないようにしましょう。

「様々なヤフオク関連記事を書いてきましたが、一番の土台となるのが以下の記事です。

より細かい情報や専門的な情報記事へのリンクも揃っていますので、ぜひ合わせてチェックしてみてください。お気に入りに入れておいて、都度必要な情報を探すのもおすすめですよ~。」

ヤフオクの始め方、出品から落札までの流れを簡単に解説します!!

スポンサーリンク