Pocket

ヤフオクの出品者で、たまに送料の設定を着払いのみにしている人っていますよね。

出品するときに、送料の設定を着払いのみにするって得なのでしょうか?損なのでしょうか?

ヤフオクで送料着払いにするのはメリットもありますがデメリットもあります。

今回は、ヤフオクの送料着払いは得なのか?損なのか?についてお伝えします。



スポンサーリンク



ヤフオクで送料着払いにするのは得なのか?




メリットとデメリットを比べてみると送料着払いのみにするのは、デメリットの方が大きいのでお勧めできません。

まずはメリットとデメリットを比較してみましょう。

送料着払いのメリット



送料着払いで発送するメリットは以下の4つです。

  • 送料を払う手間がない
  • 大きさや重さをを測らなくていい
  • 送料の連絡がいらない
  • 送料の差額が出ない

送料を払う手間がない・・・発送する時に着払いで発送すれば、集荷でも窓口でもお金を払う手間が無くなります。

大きさや重さをを測らなくていい・・・送料着払いなら大きさや重さを家で測らなくていいので、出品者としては楽です。

送料の連絡がいらない・・・送料着払いで出品すれば落札されて、すぐに振り込み手続きをしてもらえるので取引が楽になります。

送料の差額が出ない・・・サイズや重さがギリギリだと測る人によって、サイズが変わってしまいます。請求した金額より大きいサイズになってしまうと損をしてしまうし、請求した金額より小さいサイズだとクレームになったり返金をしないといけなくなります。

送料着払いのデメリット



出品者にとって送料着払いにするデメリットは以下の2つです。

  • 切手払いができない
  • 落札者に敬遠される

切手払いができない・・・郵便料金は切手でも支払い可能です。切手が余っている人は切手を使って発送することができますが、送料着払いだとできません。

落札者に敬遠される・・・これが一番大きいと思いますね。送料着払いは出品者にとっては直接はさほどのデメリットはありませんが、落札者にとってはデメリットがたくさんあります。出品者にとっての一番のデメリットは、落札者に敬遠されることでしょう。

送料着払いにするメリットも多少はありますが、デメリットの落札者から敬遠されるのは大きなデメリットです。送料着払いはメリットが多少あってもそれを上回るデメリット(落札者から敬遠される)があります。

不用品を売っているだけで、「高く落札されるより手間をかけるのが嫌」と言う人以外は送料着払いのみにするのはやめたほうがいいでしょう。



スポンサーリンク


落札者はなぜ送料着払いを敬遠するのか?



落札者にとってのデメリットを見てみましょう。

  • 受け取るときにお金を払わないといけないのが面倒
  • 送料が商品が送られて来るまでわからない

受け取るときにお金を用意するって面倒ですよね。自分が受け取るわけではない場合は、荷物が来ることを家族に伝えておかないといけないし、それに普段留守がちで宅配BOXで受け取る人は、送料着払いでは受け取ることができません。

一番大きいのが送料がわからないことだと思います。せっかく安く落札できた。と思っても送料が高かったら意味がないですよね。送料がいくらになるかわからないって不安になります。入札する人が減るということは落札価格が下がったりなかなか売れないことになります。

それに落札されても大体これくらいの送料だろうと思って落札したら、思ったより高かった。なんてことになったらクレームになる可能性もあります。

落札者で送料着払いを希望する人



私はいつも送料を連絡する方式をとっていますが、出品をしていてごくたまにですが送料着払いを、落札者さんの方から希望されることがあります。

なんでわざわざ手間のかかる、送料着払いを希望するのだろう?と疑問に思いましたが落札する人にもメリットはあるようです。

そのメリットは下記の3つです。

  • 切手で支払いができる
  • 誤魔化しがきかない
  • すぐに振り込み手続きができる

切手で支払いができる・・・ゆうパックは切手でも支払いができます。使わない切手がたくさんある人は、送料着払いを利用することもあるようです。(ただし着払いに切手を利用するのは郵便局員さんにとってかなり面倒らしいです。)

誤魔化しがきかない・・・送料着払いなら送料差額の誤魔化しができません。そのため送料着払いを選択する人もいます。

すぐに振り込み手続きができる・・・これは最初から着払いを設定していないとダメですが、着払いなら出品者からの送料の連絡を待つことがなくすぐに振り込むことができます。すぐに取引したい人には良いようです。

まとめ



高く売りたいならば、発送の支払い方法を送料着払いのみにするのはお勧めできません。落札者から敬遠されて入札が減る可能性もあります。着払いは落札者から要求されたら受け入れる。そうでないなら選択しないほうがいいでしょう。ただあくまでも不用品の販売で、手間が面倒というなら送料着払いのみでもいいと思います。

それでもトラブルを避けるために大まかな送料の目安を、商品説明に書いておくようにしましょう。

「様々なヤフオク関連記事を書いてきましたが、一番の土台となるのが以下の記事です。

より細かい情報や専門的な情報記事へのリンクも揃っていますので、ぜひ合わせてチェックしてみてください。お気に入りに入れておいて、都度必要な情報を探すのもおすすめですよ~。」

ヤフオクの始め方、出品から落札までの流れを簡単に解説します!!


スポンサーリンク