Pocket

PayPayフリマがスタートしましたね。私はヤフオクをスタート当初から利用していますが、PayPayフリマもさっそく利用していくつか販売しました。

出品して売れるとうれしいですね。でも売れた後の売上金の受け取り方がいまいちわからない。そんな人もいるのではないでしょうか?

今回はPayPayフリマの売上金についていろいろお伝えします。


スポンサーリンク



PayPayフリマの売上金とは?


PayPayフリマでは購入者が出品者の口座に振り込む形ではなく、PayPayかクレジットカードで支払った後に売上金になります。

この売上金をPayPayにチャージして使用したり、銀行に振込んで引き落として現金として使用可能になります。

なお購入者が支払ってもすぐには売上金にはなりません。購入者が評価(受け取り連絡)をしたあと売上金として反映されます。

評価(受け取り連絡)されない場合でも、支払いから14日経てば自動的に売上金になります。これは発送されなくても14日経てば自動的に振込されます。

売上金を受け取る手順

売上金の確認方法

マイページをタップします。すると下記の表示がされます。




左がPayPayの残高で右がPayPayフリマとヤフオクの売上金になります。

(ヤフオクと連動している場合は、売上金はヤフオクと一緒になっています。売上金をヤフオクとPayPayフリマで分けることはできません)

売上金の変換は2種類

売上金は自分で振り込み手続きをすることになっています。

売上金の変換は下記の2種類です。

  • 銀行に振り込み
  • PayPayにチャージ

銀行に振り込み

銀行振り込みは右側のATM 売上金振込申請をタップします。



下記のように表示されます。


下の小さく表示されている現金で振込をタップします。



振込依頼をタップすると振込手続きが完了します。

ジャパンネット銀行の場合は振込手数料は0円です。他の口座だと振込手数料が100円かかります。

PayPayにチャージ

PayPayにチャージする方法は真ん中の売上金をチャージをタップして手続きをしましょう。


なお銀行振り込みもPayPayにチャージも、どちらも金額を指定することはできません。

PayPayにチャージか銀行振込みどっちがお勧め?

売上金はPayPayにチャージするか銀行に振り込むのか、どちらか選ぶことができます。

どちらがお勧めかと言うと、PayPayを使って買い物をするなら、PayPayにチャージするほうが便利です。

金額を指定してチャージすることができないのですが、PayPayにチャージしても銀行に出金することもできます。(ジャパンネット銀行の場合は出金手数料は無料です)

とりあえずPayPayにチャージして、現金として使いたい場合はジャパンネット銀行に振込むのがお勧めです。

PayPayで買い物をしない場合は当然銀行振り込みにしましょう。あとPayPayフリマを商売として利用する場合は、PayPayにチャージするとお金の流れがわかりづらくなるので、銀行に振り込む方がいいでしょう。


スポンサーリンク



売上金の様々な疑問

売上金の期限切れって?



売上金には期限があるってご存知ですか?うっかり忘れていたら売上金が無くなっちゃうの?って思うかもしれませんがその心配はありません。

期限が切れた場合は自動的に、受け取り口座に振り込まれます。

ただし受け取り口座を登録していないと、当然受け取れないので受け取り口座の登録は必ずしておきましょう。

評価されたのに売上金が反映されない理由は?



評価されたのに売上金が反映されない理由は2つあります。

  • 送料が未確定
  • 購入者の決済方法

送料が未確定・・・売上金は売れた金額から手数料と送料が引かれた金額が入金されます。

そのため、送料が確定していない場合は売上金にすぐに反映されないことがあります。送料の確定は翌日以降になることもあります。

購入者の決済方法・・・受け取り連絡をしたあと反映されるのはPayPayの支払いだと最大15分、クレジットカードだと最大4時間15分かかります。受け取り連絡をされたのに売上金が反映されなくても、焦らずしばらく待ちましょう。

売上金をPayPayフリマやヤフオクに使う方法



メルカリだと売上金を使ってすぐに購入ができます。PayPayフリマの場合はどうでしょうか?

PayPayフリマの場合は、売上金を使ってすぐに購入することはできません。

一度銀行に振り込むかもしくは、PayPayにチャージしてから使用することが可能です。

売上金をそのまま使えませんが、PayPayにチャージするのはさほど手間もかならないしチャージしてすぐに使用可能です。

PayPayにチャージした場合の注意点



PayPayにチャージしても現金として使いたくなった。そんなこともあると思います。PayPayにチャージしても銀行に出金してATMから現金を引き出すことも可能です。

ジャパンネット銀行の口座があれば、銀行に振り込む手数料も無料でできます。

ただし注意点があります。

PayPayには出金ができるPayPayマネーと出金ができないPayPayマネーライトがあります。

本人確認をしていないと出金ができないPayPayマネーになってしまいます。本人確認を忘れないようにしましょう。

PayPayフリマの売上金のメリットは?



メルカリと比べたPayPayフリマのメリットは、売上金を受け取る時に手数料かかからないことです。

メルカリだと現金として受け取る場合は、通常振り込みで200円、お急ぎ振り込みで400円の手数料か必ずかかります。

これが地味に痛いんですよね。

PayPayフリマだったらジャパンネット銀行の口座があれば、振込はなんどでも無料で振り込むことができます。

ジャパンネット銀行のATM手数料は毎月1回なら無料で2回目以降は3万円以上なら無料で出品できます。

PayPayにチャージした場合も、メルカリのメルペイより使える場所が多いので便利です。

PayPayの売上金のまとめ



PayPayの売上金のまとめです。

  • 売上金は購入者が評価(受け取り連絡)をしてから受け取れる
  • 売上金の反映は多少時間がかかることがある
  • 売上金をPayPayフリマやヤフオクで使うためにはPayPayにチャージする必要がある
  • PayPayの売上金はジャパンネット銀行があれば手数料かかからない
  • 金額を指定してチャージしたり振込んだりはできない
  • PayPayを使って買い物をするなら、売上金はPayPayにチャージするほうがお勧め



PayPayフリマはメルカリとよく似たサービスですが、売上金を受け取るのに手数料がかからないのは大きなメリットだなって思いますね。

PayPayにチャージしても使いやすいですし、ジャパンネット銀行の口座があれば気軽に現金にすることもできます。

「様々なPayPayフリマ関連記事を書いてきましたが、一番の土台となるのが以下の記事です。

より細かい情報や専門的な情報記事へのリンクも揃っていますので、ぜひ合わせてチェックしてみてください。お気に入りに入れておいて、都度必要な情報を探すのもおすすめですよ~。」

PayPayフリマの使い方はシンプル、出品から購入まで解説します

スポンサーリンク