Pocket

私はヤフオクをスタート当初からずっと利用しています。最初は不用品を売るのがお勧めですが、不用品をすべて売ってしまったら仕入れたものを売って儲けることもできます。

でも仕入れたものを売るのは赤字になるのが怖い。そんな人にリスクがない方法が無在庫転売と言われています。

ただし始めに言っておきますが、無在庫販売は大きなリスクがあるので私はお勧めしません。

今回は無在庫販売とは何か?どんなメリットがあってどんなリスクがあるかについてお伝えします。


スポンサーリンク



無在庫販売とは?



無在庫販売とは文字通り在庫を持たないで、販売をすることです。

具体的にはAmazonで売っている物を購入しないで、ヤフオクに出品する。

売れたらAmazonで購入して落札した人に送るという手法です。

もちろんこの逆もあります。ヤフオクで売っている物をAmazonに出品して、売れたらヤフオクで落札して購入者に発送する場合もあります。

あるいはネットでなく地元の店舗に売っている商品の写真を撮って、購入しないでそのまま出品して売れたら仕入れて落札者に発送するという場合も同じです。

何でこんなことができるのか?

数多くのショップを見るのって結構手間がかかります。どこかで購入する人ってネットの最安値を探しているとは限りません。ヤフオクを利用する人はヤフオクのみ。Amazonを利用する人はAmazonのみしか見ないことがあったりします。

このため店舗によって価格差が出るので、安く売っているサイトの商品を出品して売れたらそこから発送するという手法が成り立ちます。

どんなメリットがある?



メリットは下記の2つです。

  • 資金が要らない
  • 赤字にならない

資金が要らない・・・無在庫店転売の場合は仕入れる資金が要りません。厳密に言えば今は送って受け取り連絡後にお金を受け取ることになるので、購入するときは必要ですが3日くらいで回収することができます。

これが仕入れをした場合は、かなりの資金が必要になります。このため資金がほぼ要らないので数多く出品することができてそれだけ売れやすくなります。

赤字にならない・・・仕入れたものを売ろうとした場合は、資金がかかるだけでなく赤字になることもあります。2万円で売れると思って1万円で仕入れた。そうしたら5千円でしか売れなかった。結構ありがちなことです。

無在庫転売だったら売れなかったら、出品を辞めればいいだけです。仕入れは売れてからなので損をすることがありません。


「資金もいらないし、赤字にならないから無在庫転売はリスク0」なんて言う人もいます。ただし大きなリスクがあります。

無在庫転売は違法なの?



例えば古物商を持っていないとか、偽物を売ったとかの場合は違法になります。ただしそれは無在庫でなくて手元に在庫があっても違法になります。

無在庫転売だから違法と言うことはありません。


スポンサーリンク



無在庫転売のリスク



無在庫転売のリスクについてお伝えします。無在庫転売のリスクは下記の3つです。

  • 規約違反
  • 悪い評価をもらう
  • 手間がかかる

規約違反・・・無在庫転売の一番のリスクです。無在庫転売は日本の法律には違反していません。ただしAmazon・ヤフオク・メルカリなどの規約に完全に違反しています。

そのためアカウントが閉鎖されるリスクがあります。アカウント閉鎖と言うのは一番恐ろしいリスクです。

一度閉鎖になると二度とAmazon・ヤフオク・メルカリが利用できなくなります。アカウントをまた作ればいいと気軽に考える人もいるかもしれませんが。

非常に難しいことを覚えておいてください。このリスクがあるので無在庫販売には手を出してはいけません。転売で注意しないといけないのが赤字になること以上にアカウントを守ることです。

悪い評価をもらう・・・たとえばヤフオクに無在庫転売でAmazonから仕入れたものを出品した。売れたら直接お客さんの家に発送する。手間がなくて簡単と思うかもしれませんが、当然Amazonの箱で届くことになります。

受け取った人としてはヤフオクで買ったのにAmazonの箱で届いたらいい気分はしないですよね。悪い評価をもらうことも多くなりますし、クレームを言われるかもしれません。

例えばこれが家の近所の店舗にあるものを出品した場合は、店舗で買って自分で発送するので悪い評価をもらうことはありません。

手間がかかる・・・無在庫販売は結構な手間がかかります。手元にない物を出品するわけですから、売れたときに商品がないなんてことになるかもしれません。

そうなったら発送できなくて悪い評価をもらうことになります。それを防ぐためには仕入れる予定の在庫があるかどうか、定期的に確認して無くなったら出品を取り下げる作業をすることになります。

たくさん出品しているほど膨大な作業になります。

さらにネットではなく近所の店舗にあるものを出品した場合は、さらに面倒です。ネットだったらすぐに確認できますが店舗の商品を確認するのは非常に面倒な作業になります。

無在庫転売はばれるか?



例えばヤフオクで買ってAmazonの箱で届いたら購入者にはすぐにばれます。ただし悪い評価をもらうくらいならヤフオクの運営者にはばれません。

ただあまり繰り返すようだと通報されることによってばれるかもしれません。

Amazonで無在庫転売した場合は、商品が発送できなくてキャンセルした場合、無在庫転売に限らずキャンセルの割合が多いとアカウント停止や閉鎖のリスクがあります。

無在庫転売の場合はどうしてもキャンセルの割合が多くなりがちです。

それ以外でも新品の場合は真贋調査と言って仕入れ先を開示を求められることがあります。

直接送ってしまった場合は、領収書もないのでどうすることもできなくなります。

無在庫転売は何度もやればいずればれます。一時的に儲けてもばれたときのリスクが大きすぎるのでお勧めできません。

まとめ

  • 無在庫転売は違法ではない
  • 違法ではないが規約違反
  • ばれたときのリスクが大きいのでお勧めできない

無在庫転売はばれたときのリスクが大きいので、お勧めできません。それに資金は掛からないし赤字にもなりませんが、リスクが大きい割に手間もかかるのでお勧めできません。

損をしないことも大切ですが、それ以上にアカウントを守ることが大事です。ルールを破った儲け方はいずれ手痛い目に合うのでやめましょう。

スポンサーリンク