Pocket

Amazonに出品したけど思うように売れない。前は売れていたのに最近全然売れなくなった。そんなことってありませんか?売れないのには必ず理由があります。

売れない理由をなくして、売れるように改善しましょう。今回はAmazonで売れない理由を解説します。

スポンサーリンク

売れない理由は7つ


Amazonで売れない理由は大きく分けて7つです。

  • 価格が高すぎる
  • 売れるまでに時間がかかる商品を売っている
  • 出品数
  • 説明文
  • 評価に問題がある
  • たまたま売れない時期
  • 売れないものを売っている

これらを一つ一つ改善していけば、必ず売れるようになります。

価格が高すぎる


売れない理由の一番は価格が高すぎることです。Amazonは価格で安い順に並びます。そのため状態が同じなら最安値にしておく必要があります。最安値をキープするために、定期的に価格改定しましょう。

ただし必ずしも最安値にする必要はありません。時には例外もあります。例外は以下の通りです。

  • 最安値の状態に問題がある
  • 最安値が自己発送
  • 最安値が相場を無視している

最安値の状態に問題がある・・・付属品がない。目立つ傷みがあるなどの場合は、必ずしも最安値にする必要はありません。

最安値が自己発送・・・FBAの場合は自己発送より高く売れます。ただしあまり価格差がありすぎても売れないので、最大で10%高いくらいにしておきましょう。価格が安い物なら%ではなく価格差をつけましょう。

最安値が相場を無視している・・・極端に安い場合は刈り取ってもいいのですが、中途半端に安い場合は相場が元に戻るのを待ちましょう。

最安値なのに売れない場合は、最安値が相場より高い場合もあります。過去いくらで売れたのか?モノーレートで調べて価格を決めましょう。

価格改定ソフトは必要か?

自動で価格改定をしてくれるソフトってあったりします。便利なソフトですが難点もあります。それは説明文までは読み取ってくれないことです。

例えば付属品が欠品していて安値の物が出てきても、最安値に合わせてしまいます。良いとか可で分類できるかもしれませんが良いで付属品が欠品している物を出す人もいたりします。

ただし中古の本などを大量に扱っているようなら、価格改定ソフトを使ったほうがいいでしょう。自分の目の届く範囲の数を出品しているなら、価格改定ソフトはいりません。

売れるまでに時間がかかる商品を売っている


Amazonでは1日何個も売れる商品もあれば、1年間に1回しか売れない商品もあったりします。1日に何個も売れる商品でライバルも少なければ当然すぐ売れます。

でも1年間に1回しか売れない商品だったら、当然1年間待たないと売れません。そこまで極端でなくても1か月に1回しか売れない商品だったら、売れるまでに1か月くらいかかるのが普通です。

出品数が少ない


売れ筋商品でなければ売れるのにある程度時間がかかります。売れるのに平均1か月かかる商品を、1つだけ出品していてもなかなか売れません。でも500出品していれば売れるまで1か月かかる商品でも毎日売れていきます。

売れたら全部売れるまで待たないで、常にある程度の数を出品するようにしておきましょう。

説明文

新品の場合は良いのですが、中古の場合は説明文が非常に重要になります。購入者さんにとってみたら、どんなものが来るのかわからなかったら怖くて買わないですよね。

駄目な説明文の例を見てみましょう。

駄目な例文

DVDの販売

見終わったので出品しました。プチプチでくるんで発送します。

まず買う人にとって見たら見終わったかどうかなんて興味がありません。重要なのはどんな状態なのか?あといつ発送するのかです。

良い例文

盤面は良好です。ケースの状態は多少のすり傷ありますが目立った傷みはありません。クリックポストで翌日までに発送致します。

こんな感じで状態を丁寧に書いて、あとはどんな発送方法でいつ発送するかを書きましょう。

金額が高いものなどは、写真を撮って載せるのも目立つので有効です。安い物でよく売れるものなどは、写真を撮る手間が無駄になるので写真は載せなくても大丈夫です。

スポンサーリンク

評価に問題がある


評価が新規だと当然売れづらいです。ヤフオクだったら購入して新規でなくなるという方法がありますが、Amazonの評価は販売のみです。じゃあどうしたらいいかと言うと、いくつか売ればそのうち評価は増えていきます。

売れないから評価が欲しいのに、売って評価を増やすって矛盾しているかもしれませんが新規の評価でも売れるときは売れます。

どんなものが売れるかと言うと売れ筋の物だったら多少安いだけで、新規の評価でも売れます。まず最初はよく売れる物を他の人より多少安く出品するようにしましょう。

注意点としてAmazonの評価は一方的に評価されるので非常にシビアです。パーセンテージで表示されるので評価が少ない時に3以下の評価をもらうと途端に下がってしまいます。

これが100評価があれば3をつけられても、さほどパーセンテージは下がらないんですけどね。

そこで評価の少ない時は、特に中古に関しては状態を厳しめに付けましょう。あえて低いランクにする必要はありませんが、「非常に良い」か「良い」で迷ったら「良い」のコンディションにしたほうが安全です。

評価が悪い場合は?

新規ではなく評価のパーセンテージが低い場合はどうしたらいいでしょうか?ヤフオクだったら新規にIDを作ればいいのですが、Amazonではその方法は使えません。だから最初に悪い評価をもらわないことが大事なんですが・・・

この場合は、今後は悪い評価をもらわないようにひたすら売っていくしかありません。ライバルより多少安く販売すれば評価が悪くても売ることができます。

評価の催促は必要か?

Amazonでは評価をつけてくれない人のほうが多いです。そこで評価の催促をすることができます。僕としては基本的には必要ないと思っています。評価依頼をして逆に悪い評価を入れられるリスクもあるからです。

売れないものを売っている


売れないものでも時間がたてば売れる物ならいいのですが、ブームが去ってしまったり全然人気が無い物は何をやっても売れません。

たまたま売れない時期


昔から2月と8月は売れない時期と言われます。でも2月でも8月でもないけど売れない。そんなこともあったりします。

ある程度数を出品しているのに売れない。価格設定も間違っていない。価格も高すぎない。特別に売れるのに時間がかかる商品ばかりと言うわけでもない。説明文も間違っていない。

それなのに売れない。その理由はたまたま売れない時期と言うこともあります。

売上ってずーと安定している物ではありません。すごく売れることもあれば逆に全然売れない時期もあったりします。

実際に僕もこういうことがよくあります。売れない時期もある。そう思って長期的な視点で考えるようにしましょう。

まとめ


Amazonで売れない理由は以下の7つです。

  • 価格が高すぎる
  • 売れるまでに時間がかかる商品を売っている
  • 出品数
  • 説明文
  • 評価に問題がある
  • たまたま売れない時期
  • 売れないものを売っている

Amazonで商品が売れないのは必ず理由があります。その理由を一つ一つ無くしていけば必ず売れます。

売れないときは、売れない理由を考えて売れない理由をなくしていきましょう。

スポンサーリンク