Pocket

PayPayフリマがスタートしましたね。PayPayフリマはヤフオクと同じヤフーが運営しているのですが、「ヤフオクとPayPayフリマどっちがいいのかわからない」

そんな話を聞いたことがあります。私はヤフオクをスタート当初から利用していますし、最近はメルカリも利用しています。

PayPayフリマはフリマアプリなので、ヤフオクよりメルカリに近い感じです。でもPayPayフリマとヤフオクはどう違ってどちらがお勧めなのでしょうか?

今回はPayPayフリマとヤフオクの違い。どちらがいいのか?などいろいろ調べてみました。

スポンサーリンク



PayPayフリマとヤフオクの主な違い

PayPayフリマとヤフオクの違いを表にまとめてみました。

PayPayフリマ ヤフオク
手数料 10% プレミアム会員は8.64%(月額税抜462円)、非プレミアム会員10%
販売形式 即決のみ オークション形式(即決もできる)
パソコンかスマホ スマホのみ パソコンがメイン、スマホからでもできる
業者の出品 できない ストアあり
設定できる価格 300円から30万まで 1円から限りない
出品できる数 同時に100まで 限りない
送料の設定 すべて送料込み 送料込みや送料別、送料着払いなど
配送方法 5種類のみ すべて匿名発送 いろいろな発送方法で発送できる
支払い方法 購入と同時 購入後に支払い
値下げ交渉 価格の相談がすべてにつく 値下げ交渉をつけることができる
評価システム 出品者のみ評価される 相互評価
出品できる物 金券やチケット、昆虫は不可 金券やチケット、昆虫も出品可能
出品期間 30日間 1日から7日まで 自動再出品3回まで
オプションの有無 オプションなし オプションあり
お互いの連携 ヤフオクには出品できない 条件を満たせばPayPayフリマにも出品できる

それぞれの違いについて詳しく見てみましょう。

手数料


PayPayフリマ ヤフオク
手数料 10% プレミアム会員は8.64%(月額税抜462円)、非プレミアム会員10%

PayPayフリマの手数料は10% ヤフオクの手数料も10%で同じなのですが、ヤフオクはプレミアム会員(月額508円)になれば手数料が8.8%(税込)になります。

このため45,000円を超えると、ヤフオクのプレミアム会員のほうが手数料が安くなります。

毎月45,000円ちょっとではあまり差がありませんが、毎月高額の販売をするとヤフオクのプレミアム会員の方が断然得になります。

即決かオークション


PayPayフリマ ヤフオク
販売形式 即決のみ オークション形式(即決もできる)

PayPayフリマはすべて固定価格になります。ヤフオクはオークション形式にすることもできますし即決価格を決めることもできます。さらにスタート価格と即決価格を同じにすることもできます。

ここがPayPayフリマとヤフオクの一番の違いだと思いますね。相場のわからないものなどは特に、オークション形式のヤフオクが便利です。

パソコンかスマホか

PayPayフリマ ヤフオク
パソコンかスマホ スマホのみ パソコンがメイン、スマホからでもできる

PayPayフリマはスマホからのみ利用ができます。ヤフオクはパソコンから取引するのがメインですが、スマホからも利用可能です。

業者の出品が可能かどうか


PayPayフリマ ヤフオク
業者の出品 できない ストアあり

PayPayフリマはすべて個人の出品になっています。ヤフオクはストアの出品もあったりします。

PayPayフリマは商売として出品するのが難しい仕様いなっています。

その理由が以下の二つです。

  • 設定できる価格
  • 出品できる数

設定できる価格


PayPayフリマ ヤフオク
設定できる価格 300円から30万まで 1円から限りない

ヤフオクの価格設定は下限も上限もありません。1円から出品できますし、上限はそれこそ10億円でもOKです。

PayPayフリマは300円から30万までが上限です。このためあまり高額な物はPayPayフリマで売ることができません。

出品できる数


PayPayフリマ ヤフオク
出品できる数 同時に100まで 限りない

PayPayフリマは同時に出品できる数が100までになっています。ヤフオクは何点でも出品可能です。

不用品を販売するくらいなら100で十分ですが、商売で販売することを考えると100の上限は結構きつい物があります。

送料の設定


PayPayフリマ ヤフオク
送料の設定 すべて送料込み 送料込みや送料別、送料着払いなど

PayPayフリマはすべて送料込みになっています。ヤフオクは送料込みにもできますし、送料別に設定したり、送料着払いに設定することもできます。

ヤフオクのほうが自由度が高いですが、購入する側にとってはPayPayフリマのほうが、すべて送料込みなのでわかりやすいしお得感があります。

配送方法


PayPayフリマ ヤフオク
配送方法 5種類のみ すべて匿名発送 いろいろな発送方法で発送できる

PayPayフリマの配送方法はすべて匿名発送になっています。集荷もできませんし、ポスト投函もできません。すべて店舗で手続きをしないといけません。

ヤフオクは、いろんな発送方法を利用することが可能です。ポスト投函できる発送方法から、匿名発送まで何でもありです。

このため多数発送する場合は、PayPayフリマだと手間がかかって大変です。

支払い方法


PayPayフリマ ヤフオク
支払い方法 購入と同時 購入後に支払い

PayPayフリマの支払い方法は、クレジットカードとPayPayのみになります

ヤフオクはいろんな支払い方法があります。

そしてPayPayフリマは購入=支払いになっていますが、ヤフオクは購入された後に支払いになるので、購入されたのになかなか払ってもらえないなんてこともあったりします。

値下げ交渉


PayPayフリマ ヤフオク
値下げ交渉 価格の相談がすべてにつく 値下げ交渉をつけることができる

PayPayフリマは「価格の相談」と言う機能がすべての商品に自動的につきます。(ヤフオクからPayPayフリマに出品されたものを除く)

ヤフオクの場合は即決価格=スタート価格の商品のみに値下げ交渉の機能をつけることができます。

ヤフオクの場合は付ける付けないは自由なので、ほとんどの人が値下げ交渉をつけていません。それと価格の相談と値下げ交渉では機能に違いがあります。

評価システム


PayPayフリマ ヤフオク
評価システム 出品者のみ評価される 相互評価

PayPayフリマは購入者が出品者を評価するシステムになっています。出品者は購入者を評価することができません。ヤフオクはお互いが評価をしあう相互評価になっています。このためPayPayフリマは出品者にとってはシビアな評価になることがあります。

逆に購入者は評価をされることがないので、気軽に購入できます。

出品できる物


PayPayフリマ ヤフオク
出品できる物 金券やチケット、昆虫は不可 金券やチケット、昆虫も出品可能

PayPayフリマでは出品が禁止されている、金券やチケット、昆虫などがヤフオクでは出品可能です。それ以外の禁止されている物はヤフオクでも出品不可能です。

出品期間


PayPayフリマ ヤフオク
出品期間 30日間 1日から7日まで 自動再出品3回まで

PayPayフリマでは出品すると30日間、出品され続けます。ヤフオクは1日から7日間で選ぶことができて、自動再出品が3回まで利用できます。

オプションの有無


PayPayフリマ ヤフオク
オプションの有無 オプションなし オプションあり

PayPayフリマではオプションなどはありません。ヤフオクは注目のオークションなどのオプションを利用して商品を目立たせることができます。

お互いの連携


PayPayフリマ ヤフオク
お互いの連携 ヤフオクには出品できない 条件を満たせばPayPayフリマにも出品できる

ヤフオクでは基準を満たしたものをPayPayフリマにも同時に出品可能です。PayPayフリマからはヤフオクに出品することはできません。

スポンサーリンク



選ぶポイントは?

どちらが高く売れるか?



今のところはPayPayフリマがスタートしてそれほど時間がたっていないので、ヤフオクのほうが高く売れることが多いでしょう。

ただし今後PayPayフリマが普及してくれば、それも変わってくるでしょう。

恐らくどちらかが高く売れるということにはならないと思いますね。

ただし物によってはPayPayフリマのほうが高く売れたり、ヤフオクのほうが高く売れたりすることもあるので、高く売りたい場合は過去相場を調べてからどちらで出品するるか決めると良いでしょう。

早く売れるのはどっち?



今はまだヤフオクのほうが利用者が多いので、ヤフオクのほうが売れやすいです。今後、PayPayフリマが普及すれば売れやすさでは、PayPayフリマのほうが売れやすくなるかもしれません。

その理由はPayPayフリマは手間がなくてわかりやすいからです。PayPayフリマは購入者にとって便利なシステムになっています。その理由は後程書きます。

あるいはヤフオクから出品して、PayPayフリマにも掲載されるようにするのが一番いいかもしれませんね。

売る手間はどっち



気軽に出品することを考えると、PayPayフリマのほうが楽です。ただし1日に複数発送する場合や大きなものを発送する場合を考えると集荷ができたり、ポスト投函できる発送方法を選べるヤフオクが向いています。

購入者としてはどっちが得



安く買いたい場合は両方見たほうが当然、安く買えることが多いでしょう。

両方見るのが面倒で少しでも安く買いたい場合は、安値スタートがあるヤフオクが向いています。

ただし落札するまでに時間がかかる場合が多いですし、欲しい物を見つけても必ず落札できるわけではありません。

楽に買いたい場合はPayPayフリマが向いています。

その理由は以下の4つです。

  • すべて送料込み
  • すべて即決
  • 説明文が長くない
  • 評価で差別されない

すべて送料込み・・・すべて送料込みなのでわかりやすいです。ヤフオクは送料の場合はほとんどが送料別ですし、送料着払いなど購入するまで送料がわからないものもあったりします。

すべて即決・・・すべて即決なので、見つけたら確実に買えます。ヤフオクはオークション形式の物が多いので、落札できるかどうかは終了するまでわかりません。

説明文が長くない・・・ヤフオクではストアなどやたらとマイルールが長く書いてあって、商品の状態がよくわからなかったりすることがあったりします。PayPayフリマはスマホからのみの出品なので、余計なことが書いてない分見やすかったりします。

評価で差別されない・・・ヤフオクでは新規お断りや評価の悪い人の入札を拒否する人が多くいます。PayPayフリマは購入では評価されないため新規お断りなどはありません。悪い評価もされないので、気軽に購入可能です。

まとめ



PayPayフリマとヤフオクの違いをまとめてみました。

PayPayフリマのほうが選択肢が少ないですが、その分シンプルで購入者にとってはわかりやすいです。

購入者にとって便利ということは、売れやすくなるので出品者にとっても得になります。

ただし出品できる数に制限があったり、発送方法が限定されるため数多く出品するのには不向きです。

出品する側としては不用品を販売するならPayPayフリマが向いています。

商売として数多く売る場合はヤフオクが向いています。

安く購入する場合は両方チェックするのが一番です。

時間がかかっていいならヤフオクのほうが安く落札できる可能性が高いです。

簡単に購入するのならPayPayフリマが向いています。


PayPayフリマとヤフオクは状況に応じてうまく使い分けるのがお勧めです。

「様々なPayPayフリマ関連記事を書いてきましたが、一番の土台となるのが以下の記事です。

より細かい情報や専門的な情報記事へのリンクも揃っていますので、ぜひ合わせてチェックしてみてください。お気に入りに入れておいて、都度必要な情報を探すのもおすすめですよ~。」

PayPayフリマの使い方はシンプル、出品から購入まで解説します

スポンサーリンク