Pocket

子供の成長を祝う七五三 神社に行ってお参りをしたり衣装を着て写真館で写真を撮ったり千歳飴を食べたりした記憶はみんなあるんじゃないでしょうか。

子どものころはわけもわからず普段着慣れない服を着せられて親に連れられて神社に行って写真を撮って長い飴をもらった。そんな感じでしたがそもそも七五三ってどういう意味があっていつからあるんでしょうか?

七五三の由来のなかには怖いといわれる話もあるようです。由来が怖いとはどういう意味でしょうか?童話とかはもともと原作は恐ろしいと言われるものが多くありますがそれと同じようなものでしょうか?

今回は七五三の由来について調べてみました。

スポンサーリンク



七五三の由来とは!いつからやっているもの?



七五三が現在のような形になったのは明治時代に入ってからです。ただし七五三の原型みたいなものは平安時代からあったそうです。

なぜ七五三のようなお祝いをしたかと言うと当時は医療も発達していなくて栄養状態もよくなくて子どもの死亡率が高くて小さいうちに亡くなる子がたくさんいました。そこで育ったことをお祝いすると同時に今後の健康を願って成長を祝う儀式をしていました。

ただし一般庶民ではなく生活に余裕のある貴族の間のみ行われていたようです。当時はまだそれぞれ3歳 5歳 7歳の独立したお祝いとして行われていつやるかとかは決まっていなかったそうです。だからまだ七五三と言う言葉はなかったと思われます。

なぜ3歳 5歳 7歳なのか?

そもそも七五三はなぜ3歳 5歳 7歳の年齢でするのでしょうか?

実はそれぞれの年齢に意味があります。

  • 3歳 髪置きの儀 男の子と女の子
  • 5歳 袴着の儀 男の子
  • 7歳 帯解きの儀 女の子
  • 3歳 髪置きの儀

    平安時代は3歳までは男女とも坊主だったそうです。頭をそるときれいな髪が生えてくるといわれたためです。まあ 小さい頃は髪って少ないですよね。3歳ごろになれば何もしなくても自然と髪がふさふさになるんですが・・・とにかく3歳になったら髪を伸ばすようになるため それを祝う儀式です。

    5歳 袴着の儀

    5歳になると男の子は羽織袴を着用するようになります。そのため当時の礼装である袴を着て碁盤の上に子供を立たせてそこから勢いよく飛び降りるという儀式をしていました。碁盤の上で四方の紙を拝むことで勝負の場に勝つことができるという願いを込めた儀式です。

    もともとは男女問わない儀式でしたが江戸時代から男の子のみの儀式になりました。碁盤の上に載って勢いよく飛び降りるってなんか女の子のイメージにそぐわないから男の子だけになったのかもしれません。

    7歳 帯解きの儀 女の子

    女の子は7歳になると子ども用の着物から正式な帯を結うようになります。女の子の成長を祝った儀式です。


    それぞれに意味があるんですね。今では小さい時から髪も伸ばすし袴も着物も普段は着ることがなく現在では失われた伝統ですが七五三として残っているですね。

    なぜ11月15日になったのか?

    江戸幕府第5代将軍である徳川綱吉の長男(徳川徳松)の健康を祈った日が11月15日だったので七五三を11月15日にするようになったという説が有力です。当時の徳川将軍家は絶対的な力を持っていました。その将軍家が子どもの祝いを盛大にやったとなると日本中の大名や武士もそれに習うのは必然かもしれません。

    ところで徳川綱吉と言えば生類憐みの令で有名ですよね。徳川将軍の長男と言うことは無事に育っていたら間違いなく将軍に成れるはずですが徳川徳松はわずか5歳で亡くなっています。せっかく七五三のお祝いをしたのに5歳までしか生きられなかったんですね。それだけ昔は子どもが育つのが難しかったんですね。

    盛大に祝ったそうなのでそうとう期待をかけていたんでしょう。この徳川徳松が亡くなってしまったことは綱吉にとってかなりショックでこれによって生き物を大切にしようという生類憐みの令に影響を与えたともいわれています。

    スポンサーリンク



    千歳飴はいつからあるの?誰が考えたの?


    七五三と言えば千歳飴ですよね。千歳飴はいつからあるかと言うと江戸時代の浅草寺が発祥と言われています。当時は千年飴と呼ばれていたそうです。袋には鶴亀 松竹梅などが描かれていて縁起がいいと全国に広まりました。



    昔は甘いものがすごく貴重だったので昔の子どもは貰ったらさぞ喜んだのでしょう。まあ今どきの子供は千歳飴をもらってもそんなには喜ばないと思いますけどね。



    僕は七五三をしたときに千歳飴をもらったんですがたぶんあまり旨くないだろうなって思って食べたら思った通りあまり旨くなくてそっと残りの千歳飴を冷蔵庫にしまったのを覚えています。

    七五三の由来で怖い話



    七五三の由来のうわさとしてもう一つ別の怖い由来があります。先ほど紹介したのは経済的に余裕のある公家や武士の上流階級がはじめて徐々に庶民にも広まったという話ですが怖い話は経済的に余裕のない一般の村から始まったというものです。

    それはもともと七五三はお祝いではなくて7歳になると村長が子どもたちを判別する儀式だったというものです。体が弱かったり障害があって将来的に労働力にならない子を見極めてこの子は捨てる この子は育てると決めていたという話です。育てられないと判断した子はどこかに捨ててしまったという話です。

    昔は今に比べて人権も軽視されていてさらにみんな貧乏で生活に余裕がなかったのでいかにもありそうな話ですがおそらくはホラー話であって真実ではないんじゃないかなって思います。間引きとかは実際行われていたかもしれませんがわざわざそんな儀式をしていたかと言うとちょっと眉唾物ですね。

    絶対ないとは言いませんがそれが七五三につながるとは思えません。やはり公家や将軍家から広まったという説のほうが正しいんだと思います。

    まとめ



    七五三の始まりは平安時代から貴族の間で始まった。昔は子どもが成長する前に亡くなることが多かったため祝いと今後の成長を願って

    3歳 髪を伸ばす

    5歳 羽織袴を着る

    7歳 子ども用の着物から正式な帯を結うようになる

    その節目で行われた。貴族から武士に広まって江戸時代には一般庶民にも広がっていった。11月15日になったのは徳川将軍家が将軍の子どものお祝いを11月15日に行ったからみんながまねをして決まった。千歳飴は江戸時代の浅草寺から全国に広まった。

    怖いといわれる由来は祝う儀式ではなく選別の儀式だったと言う噂だけど多分真実ではない。

    七五三にはいろんな歴史があって今の形になったんですね。今は育たない子供のほうがずっと少ないですがそれでも育ってくれたお祝いと今後の健康を祈願する七五三の儀式は大事にしたいですね。

    スポンサーリンク