Pocket

最近は日本でも台風が多くなりました。去年は台風が直撃して自転車置き場の自転車が、飛ばされる映像がテレビで放映されたりしましたね。

大切な自転車が壊れたら困りますし、なにより、もし人にぶつかったりしたら大変なことになります。人にぶつからなくてもどこかの車や家にぶつかっても困りますよね。

そこで台風が来た時に自転車はどうするかについて、ベストな方法を考えてみました。


スポンサーリンク



台風のとき自転車をどうすればいい

台風の時に自転車をどうすればいいか?対策をいろいろ考えてみました。

どれも一長一短があります。人それぞれ環境が違うので自分に合った方法を選択しましょう。

  • 家の中にしまう
  • 倒しておく
  • 何かに固定する
  • 駐輪場を利用する
  • 比較的安全な場所に移動する

家の中にしまう



一番確実な方法です。家の中に入れてしまえば、まず間違いがありません。

ただし難点があって家に入れる場合は玄関に置くことになりますが、玄関が狭くて置けない場合もあります。特に家族がいて複数台あると難しいですよね。

玄関ではなく家の中に置くのも、家が汚れるのでなかなか難しかったりします。

それにアパートとかだと自転車をもって上の階に行くって難しいですよね。

あとは何かあった時に避難しなくてはいけない場所に住んでいると、避難するのに邪魔になります。

倒しておく



自転車を事前に倒しておくだけでも全然違ってきます。倒しておけば風の影響を受けづらいですし倒れて壊れたり、他の人や物に当たる確率はぐっとさがります。

ただしあまり風が強いとそれでも飛んでいく危険はあります。

あと倒すことによって自転車が傷つくこともあり得ます。

一番手間がなくて楽な方法ですが、完璧な方法ではありません。

何かに固定する



固定することによって飛んでいく確率はぐっと下がります。理想は倒しておいて固定することです。

固定する場合は外れないようにしっかり止めることが大切です。

強度の強いチェーンで止める。もしくは紐で一ヶ所だけではなく複数個所留めておくといいでしょう。

問題点は固定する場所がない場合があることです。

留める場所がなくて、一軒家でしたら下記のサイクルブロック(サイクルストッパー)を利用する方法もあります。

重さが30キロで重たいので、風で飛ばされることはかなり防ぐことができます。

ただしそれなりの値段がするのが難点です。

屋根のある駐輪場を利用する



マンションなどの駐輪場ではなく、しっかりした建物の有料や無料の駐輪場に預ける方法もあります。頑丈な駐輪場に預ければほぼ間違いがありません。

問題点は家の近くにないと不便なことと、お金がかかること。あとは台風が迫ってきている場合は預けるのが難しいことです。

比較的安全な場所に移動する

野外に置くにしても安全な場所や危険な場所ってあったりします。

できるだけ風の影響を受けない場所や、飛ばされても人や物にぶつからないような場所に置いておくといいでしょう。

比較的に安全な場所に置いて倒しておいておく、あるいは何かに縛っておくなど組み合わせをしておくとより安全です。

間違っても他の車の近くにそのまま置いておくなどと言うことは避けましょう。


スポンサーリンク



その他の疑問

カバーは外したほうがいい?



自転車のカバーは外しておいたほうが無難です。汚れるからカバーをしておきたい気持ちはわかりますが、カバーをしていると風の影響をもろに受けて、飛ばされやすくなります。

カバーが外れて車にぶつかる危険性もあります。それが原因で交通事故になったらまずいですよね。

電動自転車はどうしたらいい?



電動自転車の場合はどうでしょうか?電動自電車は雨の日でも大丈夫なように防水機能が備わっています。

ただし大雨が降ると壊れる可能性があります。カバーをつけることで雨は防げますが、その分風の影響を受けるのでこの辺は難しいところです。

あと電動自転車は倒しておくのは、お勧めできません。

倒れた状態で置いておくと浸水したり、浸水しなくても想定していない部分に水が入ったりして壊れることがあります。

電動自転車は台風の日でも倒さずに、他の方法で対策を立てるようにしましょう。

台風の時に自転車通勤はありなの?



台風だけど会社を休めない。ありがちですよね。いつも自転車で通勤している場合はどうしたらいいでしょうか?

基本的に通勤に限らず台風が近づいていたら、自転車を乗るのはやめましょう。非常に危険です。

台風は最大風速17 m/s以上です。

風速が10 m/sを超えると自転車に乗るのは危険になります。

正面から風が吹くと進みづらくなりますし、さらに横からの風が吹くと自転車は転倒することがあります

自転車は基本的に車道を走ることになります。トラックのちょっと前を走っている時に、強い横風が吹いた、なんてことになったら大変なことになります。

台風が近づいている時に通勤で自転車を使うのはやめましょう。

できたら会社を休むのが一番安全ですが、それが無理だったらせめて車で通勤するようにしましょう。

※台風と仕事について詳しくはこちらを参照してください。

もし人や他人の物にぶつかった場合

法的責任は?



もし自分の自転車が台風で人にぶつかったり、人の車や物にぶつかって壊してしまった場合どうなるのでしょうか?

法律的な責任って気になりますよね。

台風は自然災害だから責任を取らなくていい、なんて意見もありますが、半分正解で半分間違いです。

例えば固定もなにもしないで車の隣に自転車を置いていて、自転車が台風で飛ばされて車に傷をつけてしまった。

この場合は賠償をしなければいけなくなる可能性大です。



予想を超えた風が吹いて固定していたのに飛ばされた場合は、賠償しなくていい。もしくはある程度の減額になることがあります。

自然災害でも予測できる場合は、責任を取らされます。

それに仮に法的責任がなくても、人を傷つけてしまったら嫌だし、人の物を壊してしまったら気まずいですよね。

そうならないように、できるだけの対策をとるようにしましょう。



スポンサーリンク



保険で対応できる?



台風で自転車が飛ばされて自転車が壊れた。

人にぶつかって怪我をさせた他の人の車を傷つけてしまった。

この場合は保険の適用になるのでしょうか?

自転車が壊れてしまった場合は、火災保険で保険の対象を家財にしていた場合は保険が受けられることがあります。

自転車がぶつかって人や物を壊した場合は、個人賠償責任保険で対応できます。

個人賠償責任はいろんな保険(自動車保険、火災保険、自転車保険)とセットになっていることが多いです。

自分が入っている保険を見直してみましょう。

まとめ



台風が来た時に自転車をどうすればいいかは以下の方法があります。

  • 家の中にしまう
  • 倒しておく
  • 何かに固定する
  • 駐輪場を利用する
  • 比較的安全な場所に移動する



どれも一長一短があるので、自分に合った対策を選択しましょう。なお人や物を傷つけた場合は、賠償を求められることがあります。

対策をすることである程度は防げますし、もしそうなった場合でも対策をしていれば責任は少なくなります。

台風で自転車が壊れた。人を傷つけた、物を壊してしまった場合は保険でカバーできることもあります。

自分の保険を確認しておきましょう。

その他の台風関連の記事

台風対策はこれが重要!!家と自分(家族)を守るためにこれをしよう

台風の時の外出は危険、どうしても外出するときはこうしよう

台風の対策、車はどうしたらいいか?いろいろな状況を考えてみた


スポンサーリンク