Pocket

突然ですがあなたは今、無職ですか?僕は今でこそフリーランスとして生計を立てていますが、何度か会社を辞めて無職になったことがあります。

半年以上とかの長期間ではないのですが、1か月、3か月とかなら何度か無職になったことはあります。

会社に毎日通うのも辛いのですが、無職はそれとはまた違った辛さを感じがちです。でも無職ってデメリットばかりに思いますが、会社に行っていたら絶対に味わえないような経験ができます。

ぼく自身、今考えると無職期間にもっと色々なことができたら良かったなって思います。せっかく無職になったのなら、その時間を有効に使うことを考えてみてはいかがでしょうか。

ということで、今回は無職のメリット・デメリットについてお伝えします。まずはデメリットからじっくり見ていきましょう。

スポンサーリンク

無職のデメリット

まずは無職のデメリットから見ていきましょう。

無職のデメリットは大きく分けて以下の5つです。

  • 貯金がどんどん減っていく
  • 社会的な信用がない
  • 家族からのプレッシャー
  • 精神的に落ち着かない
  • 長くなると就職に不利

貯金がどんどん減っていく


無職になると貯金がどんどん減っていきます。いろいろなデメリットがありますが、これが一番大きいデメリットです。時間が余ることによって、遊びに行くことも多くなり、逆に出ていくお金は増えてしまいます。

入っていくお金が0になる。出ていくお金は普段より増える。それは貯金がどんどん減っていくわけですよね。

ある程度貯金がないとすぐに底をついてしまうので、会社を辞めるときはある程度貯金がったほうがいいですね。ただある程度貯金があるとつい無職期間が長くなるという弊害もあります。

無職期間中の貯金通帳
僕は無職期間中にどんどん数字が減ってく貯金通帳を眺めながら、「この通帳穴でも空いているのか?」と思いました。通帳に小さい穴が開いていて、数字が少しずつ落っこちているのでは?と思うくらいお金がどんどん減っていきました。

社会的な信用がない


無職だと社会的な信用がありません。仕事は何をしていますか?と聞かれたら無職と答えるのってなんか嫌ですよね。

それに何か事件を起こすということはあまりないと思いますが、事件や事故に巻き込まれることはあったりするかもしれません。そんな時に被害者の○○さん無職と報道されてしまいます。

嫌ですよね。無職って言ってもずーと無職だったわけではなく1か月前まで普通に働いていても、同じ無職と扱われてしまいます。

家族からのプレッシャー


一人暮らしの人は良いですが、家族がいる人は家族からのプレッシャーが辛いですよね。テレビを見ていても「テレビなんて見てないで仕事を早く見つけろ」と言われるし面白いテレビを見ても笑えない日々になっていきます。

自由な時間が自由でなくなるんですね。

精神的に落ち着かない


会社を辞めて1週間くらいはストレスフリーで生活できますが徐々に気持ちに焦りが出てきます。このままでいいわけがないですよね。かといってなかなか仕事は見つからない。

昼に外を歩いていると無職と思われているのでは?と思ってしまいますよね。実際は平日休みの人なんてたくさんいますし、平日の昼間に歩いていたからと言って無職とは思われはしないものですが、ついそう思い込んでしまいます。

長くなると就職に不利


無職の期間が長くなると就職に不利になります。面接で「この期間は何をしていましたか?」と聞かれたりします。嘘を答えることもできますが嘘を答えると相手にも伝わります。無職期間中も自分磨きのために有意義に過ごしてきたことを、アピールできるようになりましょう。

スポンサーリンク

無職のメリット

無職には様々なデメリットがありますが無職になったメリットもあったりします。せっかく無職になったのでそのメリットを生かして自分の成長や幸せにつなげることが大切です。

無職のメリットは以下の2つです。

  • 会社に行くストレスがない
  • 時間がたくさんある

会社に行くストレスがない


無職になったら会社に行くというストレスから解放されます。これはメリットなんですが時間がたつにつれ、無職と言うまた別のストレスに襲われてしまいます。

そこで無職期間中も有意義に過ごすことが大切になってきます。

まずは無職期間を自分の中で決めてしまいましょう。1か月以内に就職するとか決めてしまえば、無職期間中もストレスなく過ごせます。

なかなか仕事が決まらないときもあるかもしれませんが、貯金や使う金をしっかりつけてどれくらいなら大丈夫なのか?しっかり把握しておくようにしておきましょう。

時間がたくさんある


無職になったら時間がたくさんあります。問題はその時間をどう有効に活用するかです。

駄目なのが夜更かしして一日中ボーッとしたりテレビやYouTubeをなんとなく見たりすることです。

もちろん今まで必死に働いてきて疲れているというなら3日とか1週間程度そういう生活をするのは良いと思いますが、長時間そんな生活をしてはいけません。せっかくの時間は有効に使いましょう。

旅行に行く


会社で働いているとなかなか時間が取れなかったりします。ゴールデンウィークとかは休める人もいるかもしれませんが、みんな休みだからどこも人がいっぱいですよね。

せっかくなので旅行に行ってみるのも良いと思います。ただし貯金がある程度ある人に限ります。

あと旅行に行くときは無職になってからすぐのほうがおすすめです。家族と同居している人は、何週間も働いていないのに旅行に行くなんて言ったら、家族から何を言われるかわかりません。一人暮らしでもなかなか就職が決まらないのに、旅行に行っても気持ちが晴れませんし、逆にすぐに就職できてしまったら旅行に行く機会がなくなってしまいます。

人生設計を考える


じっくりと人生設計を考えてみましょう。どんな仕事をしたいのか?給料はどれくらい貰える仕事がいいのか?人間関係のいい仕事や自分に向いている仕事は何のか?

実際に就職できるところはどこなのか?あまり妥協しすぎてもいけませんが、高望みしすぎても結局就職できないで無職期間が無駄に長くなります。

現実的に妥協できる範囲で仕事を探すようにしましょう。

人生設計は仕事だけではありません。恋愛や結婚。自分はどう生きたいのか?じっくり考えてみましょう。

勉強をする


自分の能力を高めるために、勉強をしてみるのもいいでしょう。仕事に役立つ資格の勉強をしてもいいですし、趣味のための勉強も良いと思います。

あるいは副業のための勉強をしてもいいと思います。せっかく時間があるので時間を有効に使いましょう。

まとめ


無職になると入ってくるお金が0になります。さらに精神的にもきついですよね。

でも今まで使えなかった自由な時間が手に入ります。せっかく手に入った自由な時間を無駄にしないように、有効的に時間を使いましょう。

就職した後にあの無職期間は自分にとってプラスになった。そう思えるようにしたいですね。

スポンサーリンク