Pocket

5月と言えばゴールデンウィークですよね。旅行をしたり家でゆっくり休んだり、みんな楽しみのゴールデンウィークですがGWって世界共通なんでしょうか?

世界中の人が5月の連休を楽しんでいるんでしょうか?気になったのでちょっと調べてみました。

スポンサーリンク

外国のゴールデンウィーク事情

調べてみたところ実はゴールデンウィークって日本だけなんです。

まあそれはそうですよね。ゴールデンウィークの祝日と言えば

  • 4月29日 昭和の日
  • 5月3日 憲法記念日
  • 5月4日 みどりの日
  • 5月5日 子供の日
  • あとは土曜日と日曜日

どう考えても海外では関係がないですよね。

日本人だけが休みと言うことは、この時期にハワイとかグアムとか有名な外国の観光地に行くと、日本人の割合が増えそうですね。

ただし中国だけは日本と同じ時期 5月1日から3日まで休みだそうです。これは労働節と言って中国のメーデーの様なものだそうです。

実は日本の影響を受けて5月1日から一週間休みにして黄金周と呼ばれていたのですが何年か前に法律が変わって、ただの3連休になってしまったそうです。

黄金周ってゴールデンウィークって意味ですよね。日本のパクリだと批判があったからやめてしまったのかもしれませんね。

海外ではゴールデンウィークみたいな祝日の集まりはあるの?

じゃあ5月のゴールデンウィークがなくても、海外でも祝日が連続したり多く集まる週はあるのでしょうか?

基本的に海外では祝日がたくさん集まっている、大型連休の様なものはないみたいですね。

それに祝日そのものが日本みたいに多くないようです。日本って世界的に見たら意外に祝日が多いんですね。

アメリカの祝日


祝日は週によって違うそうですが休みになる祝日は クリスマスと1月1日だけだそうです。

なんか意外な感じですよね。ただし4週間分の有給休暇がもらえてクリスマスや正月の時期にその有給休暇を使って長期の休みを取る人が多いそうです。

人それぞれでなかには2か月休む人もいるそうですが、さすがに少数派みたいです。

祝日がほとんどなくてその代わりに有給休暇を使うので、有給休暇の使用率が上がるみたいです。

日本は有給休暇が取りづらいので、その代わりに祝日を設けてみんなが一斉に休むというスタイルなのかもしれません。

長期休暇天国フランス


フランスと言えば休みが多いって言うイメージがありますよね。実は80年前に 2週間の有給休暇を労働者に与える

バカンス法がブルーム内閣によって制定されました。80年前って言うと第二次世界大戦の前ですよ。

うらやましいと思う反面経営者は大変なのではと心配になりますね。

まあ、2週間と言うことなので日本の現在の有給休暇は半年で10日

6.5日以上で20日取れるのでそれを考えると特別多いと言うほどではないかもしれませんが・・・

ただし今では最低5週間になっているとかこの休みはたまに取るのではなくて連続で休んでバカンスを楽しみ人が多いようです。

5週間って子どもの夏休み並みの長さですよね。そんなに休んで大丈夫なのかちょっと心配になります。

スポンサーリンク

お隣の韓国


大型連休は夏の間に交代で1週間程度祝日も10日ほどです。

昔は日本と同じように休みは日曜日だけのところが多かったようですが、最近は土日休みのところが増えているようです。

ただし中小企業の場合は、日曜日のみの休みのところが多いようです。韓国の休日事情は日本よりも厳しいのですね。

ゴールデンウィークの名称の意味は? いつからあるの?


もともと外国にゴールデンウィークがないと言うとはゴールデンウイークはもちろん和製英語になります。

日本語を知らないアメリカ人に、ゴールデンウィークと言っても通じないんですね。

GWはたまたま祝日が4月の終わりから5月のはじめに集まったために、自然にこの週に遊びに行ったり映画を見たり

旅行をする人が多くなりました。そこでこの週に映画を見る人が多くいてラジオの聴取率が高い時間をゴールデンタイムと言っていたのにかけて映画関係者がゴールデンウィークと言ったのが始まりです。

今でもNHKなどはゴールデンウィークと言わないで大型連休と言うそうです。

まとめ


ゴールデンウィークのように祝日として連続して休みを取るのは、ほぼ日本だけみたいですね。

その代わりに他の先進国では、有休をしっかりとってまとまった休みを取れるみたいです。

日本でも有給休暇が義務として取らせる法律ができました。

今後は祝日が増えるのではなく、有給休暇をとる方向に変わっていくのかもしれませんね。

全員一斉に休むのは道路が渋滞したり行楽地が混んだり、病院や銀行が休みになるなど不便なこともあるのでそのほうがいいのかもしれません。

スポンサーリンク