Pocket

あなたはジブリの映画は好きですか?僕は結構好きでジブリの映画の中ではもののけ姫が好きです。何度も見ているのですが、テレビで放送するたびに見てしまいます。主人公?のアシタカはかっこいいですよね。あんな男になりたいものです。

もののけ姫ではいろいろな印象に残る名言がありますよね。僕が好きなのはアシタカが言う「曇りなき眼で見定める」です。

普段あまり聞きなれない言葉ですが、なんかかっこいいですよね。でもどんな意味かいまいちわからないと言う人もいると思います。今回はもののけ姫の「曇りなき眼で見定める」の意味や使い方についてお伝えします。

スポンサーリンク



もののけ姫の「曇りなき眼で見定める」はどんな時に出たセリフなの?



もののけ姫の「曇りなき眼で見定める」はもともとアシタカが言ったセリフではありません。

最初にこのセリフを言ったのは一族の長老です。アシタカが祟り神に矢を放って呪われた後に「曇りのない眼で物事を見定めるなら呪いを断つ方法が見つかるかも」と言ったのが最初です。

祟り神の呪いを受けて命の危険にさらされている状態のアシタカは、長老の言ったことを心に刻んだんでしょう。

アシタカが言ったのはエボシに会って「(イノシシからでてきた)つぶての秘密を調べてなんとする?」と聞かれて「曇りなき眼で見定める決める」と答えたものです。

その時のアシタカの心情はどうだったのか?

アシタカは祟り神に呪われてこのままでは命が危ない状態でした。助かりたいという気持ちもあったとは思いますが、同時に死を覚悟した気持ちもあったと思います

死ぬにしろ生きるにしろやるだけのことをしよう。そんな心情だったのかもしれませんね。

「曇りなき眼で見定める」の意味は?



「曇りなき眼で見定める」あまり日常生活では聞かない言葉ですよね。実際に僕は今まで生きてきて、この言葉をもののけ姫以外では聞いたことがありません。多分それはあなたも同じだと思います。

まずは「曇りなき眼」について考えてみましょう。

車に乗っているとガラスが曇ることってあると思います。見づらいですよね。目の前にあるものは同じでも曇っていると、正しい正しくないの判断が付きませんよね。

それと同じで目の前にあるものが同じでも眼が曇っていては判断が付きません。だから曇りのない眼で見ることが大切です。

見定めると言うのは実際に見て判断するということです。よくあるのが実際に見ないで聞いただけで判断してしまうことです。

自分の目で見て確かめる。そのためにわざわざ遠い異国の地までアシタカはやってきたんでしょう。


スポンサーリンク



逆に曇りある目ってどんな時なの?



人間ってよく誤った判断をすることがあります。判断を誤る主な理由は以下の3つです。

  • 先入観や思い込み
  • 周囲の意見
  • 権威
  • 自分の好き嫌いで判断

先入観や思い込み・・・きっとそうに違いない。自分が今までそう思っていたからそうなんだろう。こういう考え方結構ありがちです。

周囲の意見・・・周囲の意見は参考にしても、それだけで決めてしまうのは危険です。多くの人が言っているとそれが真実と思いがちですが、実は多数派が間違っていることもよくあります。

権威・・・権威のある人の意見って信じがちですが必ずしも正解とは限りません。

自分の好き嫌いで判断・・・自分が好きな人や嫌いな人っていると思います。ただし好きな人の意見でも間違っていることはありますし、嫌いな人の意見でも正解なことはあります。

これらのことが自分の眼を曇らせて謝った判断をしてしまう原因になります。

具体的な例 その1

たとえば誰かが絶対に儲かるという儲け話を持ってきた。「みんなやっていますよ」「これを買えば必ず儲かりますよ」「○○さんも勧めています」そう言われたらどうでしょうか?

みんながやっているならじゃあ自分持って思いますか?こんな時は曇りなき眼で見定めましょう。

具体例 その2

結婚相手を決めるとき年収や肩書だけで判断していませんか?一見やさしい人でも上辺だけの優しさだったりすることもあると思います。

こんな時もこんな時は曇りなき眼で見定めましょう。

実際にどんな時に使えるのか?



「曇りなき眼で見定める」って実際にどんな時に使えるのでしょうか?

たとえば娘が結婚する時に「結婚相手は曇りなき眼で見定めなさい」ただし娘から笑われる確率80パーセントです。実際に使うのは難しいですね。

実際に使うよりも心の中で使うと良いと思います。

なにか重要な決定をするときに心の中で「曇りなき眼で見定める」そういう気持ちで決めましょう。

まとめ



「曇りなき眼で見定める」はもともと長老が言った言葉です。

アシタカはそれを受けて呪いを解く方法を探すために「曇りなき眼で見定める」ようとしていました。

アシタカは紆余曲折合ったけど結局、呪いを解くことに成功した。それは「曇りなき眼で見定める」ために村を出て真実を探そうとしたことの結果です。

アシタカの行動力と判断が成功に導いたと言うことでしょう。

「曇りなき眼で見定める」は実際に日常生活で使うのは難しいけど、「曇りなき眼で見定める」と言う考え方は現代においても大切です。

心の中で使うようにしましょう。


もののけ姫のアシタカのその他の名言や考察についてはこちらも参考にしてください。


スポンサーリンク