Pocket

夏休みの宿題が終わらない。もうちょっと計画的にやっておけばよかった。学生だったらよくあることですよね。そういう僕も夏休みの初めには最初に宿題を終わらせてしまって後は遊ぶぞ。って思っていて結局、夏休み終盤になっても大量に残っているというタイプでした。

今回は、夏休みの宿題が終わらないと焦っているあなたにどうしたらいいかお伝えします。

スポンサーリンク

夏休みの宿題をやらなかったらどうなるのか?


夏休みの宿題をやらないといけない。でも宿題をやらないとどうなるのか?冷静に考えてみましょう。

夏休みの宿題をやらないデメリットは以下の3つです。

  • 先生に怒られる
  • 成績が下がる
  • 先生からや他の子からの信頼が低くなる

先生に怒られる・・・担任の先生の性格にもよりますが、夏休みの宿題をやらないと怒られます。嫌ですよね。怒られるのは。

成績が下がる・・・提出するものを提出しないと成績に影響が出ます。

先生や他の子からの信頼が低くなる・・・これって気づかないかもしれませんが宿題をやらないと、先生や他の子からの評価も下がり人間関係にも影響していきます。ゲームで言う見えないパラメーターが下がるみたいな感覚ですね。

夏休みの宿題をやらないリスクを考えると、できるだけ何とか終わらせるのが好ましいですね。

どうやって宿題を終わらせるか?

今の状況を確認する

今のあなたの状況はどんな状況なんでしょうか?

もし夏休みの宿題が全く手つかずで、あと1時間で登校しないといけない。と言うならさすがにもう無理です。諦めて怒られましょう。

そこまでではなくある程度の時間があるなら、逆算して計画的に宿題を終わらせる方法を考えてみましょう。

自分のみで終わらせることができるか?

残された時間と宿題の量を考えてみてください。自分のみで終わらせることができるでしょうか?基本的に宿題は自分でやるのが好ましいのは言うまでもありあません。

でもかなり苦しいようなら他の人の手を借りることを考えましょう。

親に協力をしてもらう

親が協力してくれそうなら親に協力してもらいましょう。親からはなんで計画的にやらないんだ。と怒られるかもしれませんが仕方ありません。「やらないと怒られるから」と言うより「成績が下がるから」と言うことを前面に押し出して説得しましょう。

兄弟に協力してもらう

兄か姉がいたら協力してもらえるなら協力してもらいましょう。兄か姉に協力してもらう時は親と違って、物やお金を使って頼む方が協力してくる可能性が高くなります。

友達に協力してもらう

同じように宿題が終わらなくて困っている友達がいるなら一緒に宿題をやるという手もあります。ただし露骨にコピーするとばれます。

宿題は基本的には自分でやらないといけません。親や兄弟や友達に協力してもらう場合でも、わからない部分を手伝ってもらう方が好ましいのは言うまでもありません。

スポンサーリンク

集中して宿題をやるには?


宿題をやるためには集中することが大切です。そこでスマホやパソコン、テレビなど誘惑から離れるようにしましょう。図書館などで勉強するも良いと言われています。

ただしあなたは勉強が得意な方でしょうか?勉強が得意で時間さえあれば自分で問題を解けるというなら問題がありませんが、勉強が苦手で全然答えがわからないというなら親と一緒に勉強をしたほうがいいでしょう。

あるいは図書館でわかる範囲だけを埋めて残りを親に聞くなどするといいでしょう。

宿題を終わらせるためには、まずは難しいところは後回しにしてできることから進めていくのがおすすめです。

やってこなかった時に言い訳はありなの?


どうしても間に合わない時ってあると思います。そんな時はどうしたらいいか?どうしようもないので素直に「やってきませんでした」と言う以外ありません。

怒られるのは嫌ですが仕方ありません。怒っているなら「すみません」と謝っておけばいいんです。

言い訳をするというのは基本的には辞めたほうがいいですね。

受けを狙ったら怒られるし、嘘をついた場合はばれて余計に怒られます。

怒られるのは嫌ですが、ごまかそうとすると余計にひどいことになります。

嘘や誤魔化しをするリスク

これって大人でも結構ありがちです。芸能人が交通事故を起こして逃げてしまって問題になったりしますよね。

交通事故を起こすのはよくないですが、素直に謝ればそこまで話が大ごとにはならなかったでしょう。

嘘や誤魔化しでその場を取り繕うと、あとあと余計に問題になるのでやめましょう。

まとめ


宿題が終わらない。そんな時は冷静になって、残りの時間と宿題の量を考えて逆算していきましょう。

自分ひとりで終わらせることができるのか?自分ひとりでは無理なのか?考えてみましょう。

無理な場合は、親や兄弟、友達に協力してもらいましょう。

できるだけ自力でやるのが好ましいのですが、場合によっては仕方ありません。

もし間に合わない場合でも言い訳したりごまかしたりするのは、リスクのほうが大きいのでお勧めしません。

次の夏休みの宿題は計画的に終わらせるようにしましょう。

スポンサーリンク