Pocket

12月になると街にはクリスマスソングが流れてイルミネーションが飾られてクリスマスムードが高まってきますね。

子供のころ クリスマスと言えば「プレゼントをもらえてケーキが食らべれる楽しい日」そんな風に思っていましたがクリスマスってそもそも何の日なんでしょうか?

クリスマスの意味と由来について調べてみました。



スポンサーリンク



クリスマスの意味ってなに?由来は?



クリスマスの意味ってなんでしょうか?

恋人同士が楽しく過ごす日でしょうか?それとも子供にプレゼントをあげて喜ばせる日でしょうか?それとも年末の前に楽しい気分を盛り上げる日でしょうか?

クリスマスの本当の意味はイエス・キリストの誕生を祝う日です。

まあ 大体の人は知っていますよね。キリスト教徒でない人はほとんど意識していないでしょうけど・・・ただしキリストの誕生を祝う日であって実はキリストの誕生日が12月25日と言うわけではありません。

クリスマスはキリストの誕生日ではないの?



クリスマスはキリストの誕生日 そう子供のころ習った記憶があります。実際に12月25日がキリストの誕生日と思っている人も多いと思います。僕もそうだと信じていました。

実はキリストの誕生日って諸説あってよくわかっていないそうです。まあ 2000年以上昔に生まれた人の誕生日って正確にはわからなくて当然ですよね。

じゃあクリスマスは何なのかと言うとキリストの誕生を祝う日です。誕生を祝う日を12月25日にしているだけで誕生日ではないということですね。

なぜ12月25日にキリストの誕生をお祝いしているの?

なぜ12月25日がクリスマスでキリストの誕生日をお祝いする日になったのかと言うともともとキリストとは関係がなく冬至の日のお祭りを12月25日にしていました。

いまだと冬至ってそんなに重要な日と思う人はいないかもしれませんが冬至は昼が最も短くて夜が最も長くなる日です。この日を境に昼が長くなっていきます。太陽を信仰している当時の人にとっては太陽が出ている時間が長くなる冬至は太陽が復活する日として重要な日だったんですね。

冬至の日をクリスマスにした理由は?

5世紀頃のローマはキリスト教徒ではなく異教徒が支配していました。そこで教会は異教徒と対立しないでキリスト教を布教させるために冬至のお祭りとキリストの誕生を祝う日を同じに日にしたそうです。

冬至のお祭りをやっている日にキリストの誕生を祝う日をしていたらローマの人も抵抗なく受け入れることができたでしょう。当時のキリスト教の教会の人はなかなかうまいことを考えましたね。

クリスマスはいつからあるの?

クリスマスは4世紀から5世紀くらいからあるそうです。

今から1500年くらい前ですからかなり昔からあるんですね。ただあくまでもキリスト教のキリストの誕生を祝うミサとして行われていたので今のようなクリスマスではありません。

それにしても1500年前ってずいぶん昔ですがキリストの誕生が2000年以上前なのでキリストの誕生を祝うクリスマスはキリストが亡くなってから500年以上経ってから始まったんですね。

その他のクリスマスの豆知識

サンタクロースは誰?なぜ靴下にプレゼントを入れるの?



子供たちにとって重要なのはサンタさんですね。いい子にしていると見知らぬ子どもにまでプレゼントをくれるというナイスなおじいさんです。

サンタさんのモデルになった人

サンタクロースにはもちろんモデルがいます。4世紀に司教をしていたセント・ニコラスです。

セント・ニコラスが訛ってサンタクロースになったそうです。

諸説あるようですがセント・ニコラスが貧しい家庭の子に金貨を投げ入れてその金貨が偶然靴下に入ってそれからプレゼントを靴下に入れるという設定ができたそうです。

実際に金貨を投げ入れて靴下に入ったかはちょっと怪しいところですが司教として立派な行いをしてきたからこういう伝説ができたんでしょうね。

ちなみにサンタクロースのあの赤い衣装は1931年にアメリカのコカ・コーラ社が考えたものだそうです。

もしペプシコーラが考えたらサンタクロースの衣装は青になっていたのかもしれませんね。


スポンサーリンク



クリスマスにはなぜケーキなの?



子どもたちにとってプレゼントの次に楽しみなのがクリスマスケーキですね。そもそもなぜクリスマスにケーキを食べるのでしょうか?いつからケーキを食べる習慣ができたのでしょうか?

実はアメリカ人にはクリスマスにケーキを食べるという習慣がないそうです。なんか意外ですね。ケーキって西洋って感じがするんですが・・・

日本でクリスマスにケーキを食べる習慣ができたのはお菓子メーカーの不二家が考えたそうです。

1922年にはじめてクリスマスケーキを販売してそこから広まったそうです。

ただ当時はまだ大正時代でなかなか高価なものなので一部のお金持ちだけが購入したみたいですね。

一般に広まったのは戦後になってからだそうです。

そして海外では七面鳥を食べる習慣がありますが日本ではさすがに七面鳥を用意するのが難しいので代わりにチキンを食べます。これはケンタッキーフライドチキンが「クリスマスにはケンタッキー」と言う広告をだしてそれから広まりました。

企業にとってこういうイベントはビジネスチャンスなんですね。

クリスマスイブの意味って何?



クリスマスといえば12月25日ですが24日のクリスマスイブのほうが日本では人気がありますよね。

僕も子供のころクリスマスと言えば25日より24日のクリスマスイブのほうが楽しかった思い出があります。

おもちゃをもらえるのは25日の朝ですが24日の夜 寝る前に朝起きたら枕元にプレゼントが置いてあると思うドキドキが一番幸せでした。

23日はクリスマスイブイブなんて言われたりしますがそもそもクリスマスイブの意味って何でしょう?

クリスマスイブと言うとクリスマスの前日と思っている人が多いと思います。僕もずっとそう思っていました。実はクリスマスイブと言うのはクリスマスの夜 と言う意味です。

クリスマスイブのイブは英語のイブニングを略したものです。イブニング(evening)のニング(ing)を省略してイブと言います。

でもクリスマスって25日だから24日はクリスマスの夜ではないでしょ。って思うかもしれませんがこれは昔の暦が関係しています。昔のイスラエルの暦は一日のはじまりが太陽の沈む夕方からはじまります。

なんか感覚おかしくなりそうですね。せめて朝にすればいいのにって思うんですが…暗くなって仕事が終わって一日が終わって始めるという感覚だったのかもしれませんね。

そういうわけで昔の暦だと夜からクリスマスの日が始まって次の日の夜にクリスマスが終わると言うことになります。だから今の暦だと24日の日が暮れてから25日の日が暮れるまでがクリスマスと言うことになるんですね。

ってことは23日のクリスマスイブイブって意味的にはクリスマスの夜夜ってことになるので表現としてはおかしいんですね。

まとめ


  • クリスマスはイエスキリストの誕生をお祝いする日だけどキリストの誕生日ではない
  • キリストが亡くなって500年後くらいにキリスト教の教会でキリストの誕生を祝うミサが開かれるようになった。
  • サンタクロースのモデルは4世紀に司教をしていたセント・ニコラス
  • 赤い服はコカ・コーラ社が考えた。
  • クリスマスケーキは不二家が広めてクリスマスにチキンを食べる習慣はケンタッキーが広めた。
  • クリスマスイブはクリスマスの前日ではなくクリスマスの夜と言う意味
  • クリスマスは12月24日の夜から12月25日の日が暮れるまでを言う。
  • なんで日をまたいでしまったのかと言うと昔のイスラエルの暦が日が暮れてから一日が始まるから



  • 調べてみるといろいろ知らないことがあるんですね。

    ただしクリスマスイブは前日ではなくクリスマスの夜と言う意味ってことは知識として覚えてくらいでいいと思います。

    彼女とかに雑学として教えるのはいいですが「25日のクリスマスに一緒に食事をしよう」と誘われて「25日の夜はクリスマスではないから」と言って断ったりしたら間違いなく嫌われます。

    楽しいイベントとしてクリスマスを過ごしたいですね。

    スポンサーリンク