Pocket

12月と言えばいろんなイベントがたくさんありますが、なんと言ってもクリスマスですね。

クリスマスと言えば恋人同士のイベントという印象が強いですが、子どもたちにとってもサンタクロースからプレゼントがもらえる楽しみなイベントですね。

小さい子供がサンタクロースが来るのを待っているのは、微笑ましい光景ですよね。

でもサンタクロースっていくつまで信じているものなんでしょうか?そしてサンタクロースがいないことをいつかは教えたほうがいいのでしょうか?

今日はこのテーマで記事を書きたいと思います。

スポンサーリンク

サンタクロースがいないと知るのはいつくらい?


平均的にはだいたい小学生の高学年くらいにはサンタクロースはいなくて、親がプレゼントをくれることがわかってくることが多いようですね。

まあ高学年になればいろんなことがわかってきてトナカイが引いているそりに乗ってサンタが知らない家庭にプレゼントを配るってなんかおかしいと気が付くんだと思います。

兄弟がいる家庭だと上の子がサンタがいないと知ると下の子にも教えてしまうということもあるでしょうね。

学校とかで同級生に教えられることもあるかもしれません。

サンタクロースとプレゼント

サンタがいないことを気付いている場合

サンタクロースがいないと子どもが気付いているとわかった場合プレゼントはどうしたらいいでしょうか?

気づかないふりをしてプレゼントを渡す?

「もうサンタがいないとわかっているからプレゼントはいらないね」と言う?

まあこの辺は家庭の問題なので何とも言えませんがサンタさんからのプレゼントと親からのプレゼント別に渡している場合は親からのプレゼントのみにする。

サンタさんからのプレゼントのみだった場合

親からプレゼントを渡すように変えてもいいと思います。

サンタがいないと子どもが気付いていない場合

気づいていないならあえてサンタがいないと教える必要はないと思います。とことんまでサンタがいると言う設定に乗ってあげましょう。

まあ、それでもさすがに中学に入学する年になっていたら、さりげなく教えたほうがいいかもしれませんね。

あえて小さいころからサンタを信じさせない教育をする

これだったらサンタがいないといつ教えたらいいか悩むこともないですよね。

サンタは設定で実際は親がプレゼントをくれる。そういう家庭もあるようです。

なんか夢がない気もしますがそれでもクリスマスは、プレゼントがもらえるのでクリスマスの日僕はワクワクしていました。

家庭によってはサンタはいるけど家は、親がプレゼントをあげると言うことにしている人もいるそうです。

スポンサーリンク

サンタクロースをいつまで信じていたか?実体験


僕の場合は母親曰く「3歳の時は信じていた」そうです。全く記憶にないんですけど。

小学1年の時のクリスマスイブの日を覚えているんですが、その時には当然母親がくれるものだと思っていました。

寝る前に靴下を枕元にかけておいて寝ている間に母親が靴下の中にプレゼントを入れてくれる。

そう言うイベントだと思っていました。

自分に限らずよその家の子も当然親がクリスマスプレゼントをくれると、わかっているものだと思っていました。

母親がサンタクロースの設定が面倒だったのか?3つ上の兄がいるのでその兄の影響かわかりません。

なのでサンタクロースがいないと教えられた覚えもサンタクロースの正体を知った記憶がないんですよね。

甥っ子のサンタクロース話

僕には兄の子供 甥っ子がいるのですが甥っ子が幼稚園児くらいの時に僕が甥っ子に「クリスマスプレゼントサンタさんからはもらわないの?」

と聞くとそばにいた兄が「ウチはそういうのをやらない」

親もサンタクロースを信じさせるとかしなかったから兄の家庭もそうなのかなって思っていたら次の年になると甥っ子が「ゲームソフトはサンタさんからもらう」と言っていました。

その後兄に電話したときに「結局サンタさんいるのかよ。」と言うと「いるんだよw」

そんな甥っ子も小学校の高学年になった時に遊びに来た2歳年下のハトコに対して

「サンタクロースはいない お母さんがプレゼントをくれるんだよ」

と教えていました。大人げないなって思いましたが、こんな風に誰かに教えてもらうことも多いんでしょうね。

まとめ


サンタクロースがいないことを親が教えるってあまりないみたいですね。

小学生も高学年になるとだんだんとわかってくるようです。

サンタクロースがいないと言う情報が友達から入ってきたり最近は小学生でもインターネットとかしますから、もっと早く気づくことが多いかもしれませんね。

わざわざサンタクロースはいないと教える必要はないと思いますね。

ただ子どものころサンタクロースを信じていた楽しかった記憶は消えてなくなりません。

スポンサーリンク